ここから本文です

アーセナルの”未完の大器”、セリエA参戦か? ローマに逆オファーを提示

フットボールチャンネル 8/31(水) 9:00配信

 アーセナルは、24歳のイングランド代表MFジャック・ウィルシャーをローマに逆オファーをしたようだ。30日付の英紙『ガーディアン』が報じている。

【動画】レスター優勝の公約 パンツ一丁で番組に登場したリネカー氏

 ローマは、最後に行われたチャンピオンズリーグ(CL)とセリエAの2試合で中盤の欠陥が浮き彫りとなった。同チームの中盤には、ゲームメーカーが足りない。

 そのことを理解しているクラブは、以前からフィオレンティーナに所属するMFボルハ・バレロの獲得を狙っていた。しかし、先日行われたCLの予選プレーオフで敗退してしまったことにより、同選手の獲得の可能性が消滅している。

 そこで、プレーさせるために理想的な行き先を探しているアーセナルがローマにウィルシャーを逆オファーをしたようだ。ローマは、万一同選手が受け取っている週給9万ポンド(約1200万円)の大部分をアーセナルが支払うつもりがある場合のみ、交渉を進展する気でいると報じられている。

 一方伊メディア『スカイ・スポルト』によると、トッテナムから古巣へ戻って来た元ローマ幹部のフランコ・バルディーニ氏もこの取引に関わっているようだ。同氏は交渉成立に向けて協力しており、現在ローマはウィルシャーの年俸の80%まで支払うつもりでいると報じられている。

 怪我のせいで十分満足にプレーできていないために、イングランド代表新指揮官のサム・アラダイス監督からも代表メンバーに選出されなかったウィルシャー。果たして新天地にイタリアを選ぶだろうか。

フットボールチャンネル

最終更新:8/31(水) 9:00

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。