ここから本文です

常盤貴子主演『だれかの木琴』に永作博美や滝藤賢一らがコメント 滝藤「東監督の演出の虜になる」

リアルサウンド 8/31(水) 23:57配信

 9月10日に公開される常盤貴子主演映画『だれかの木琴』に、永作博美や滝藤賢一ら著名人が絶賛コメントを寄せた。

 本作は、井上荒野による同名原作小説を、『絵の中のぼくの村』『わたしのグランパ』の東陽一監督が映画化したサスペンス。主婦の小夜子が、心の隙間に入ってきた美容師の海斗に、どうしようもなく心が囚われていく模様を描く。小夜子役の常盤貴子、海斗役の池松壮亮をはじめ、勝村政信、佐津川愛美らが出演する。

 東監督の前作『酔いがさめたら、うちに帰ろう。』で主演を務めた永作博美、同作に出演した滝藤賢一のほか、映画コメンテーターの有村昆、映画評論家の樋口尚文が、本作を一足先に鑑賞しての思いをそれぞれ綴っている。

■永作博美(女優)コメント

女は狂うモノだと言っていた。確かに女は危険だ。私もそう、時々危険だ。どうにかまともに過ごしていきたいものだ...まともって何だ? 狂うの領域が大分あやふやになってきた今日この頃、どうバランスをとっていったらいいだろう...と気が付けばブツブツと思い巡らしていました。やはり...危険だ..。

■滝藤賢一(俳優)コメント

「何もしなくていい。あなたのまま、ただそこに居てくれれば。」東監督に頂いた言葉は僕の宝物だ。一切の無駄を排除した東監督の演出の虜になり、もはや逃れられない。

■有村昆(映画コメンテーター)コメント

本作のテーマは「虚無感から生まれる何か」
夫は仕事に明け暮れ、娘は中学で忙しい。 念願のマイホームで一人取り残された主婦は、女? 母? 何者なのか? この虚無感を埋めるために、女を感じさせてくれる美容師のストーカーに走る。 しかし人間はイケナイことをするとなぜか輝く。
大事なことは、教科書に載っていないのだ。恋、嫉妬、執着、興味、憎悪渦巻く形のない何かを、本作はぶちまけている。今の日本が抱える家族像の縮図である。

■樋口尚文(映画評論家)コメント

何不自由ない主人公・小夜子が、(自分でも気づいていない心の渇きを癒すかのように)海斗とのふれあいに執心する。面白いのは、監督が小夜子を世に言うストーカーとしては描いておらず、彼女は分別をわきまえ冷静なのである。むしろ小夜子に抗議をする海斗のガールフレンドの方が、ストーカーめいた静かな彷徨よりずっと極端に見える。海斗役の池松壮亮の職人的に練られた演技もさすがで、それを眺める監督の満足が伝わってくる。

リアルサウンド編集部

最終更新:8/31(水) 23:57

リアルサウンド

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。