ここから本文です

韓国代表デビュー狙うオ・ジェソク。「加地さんのおかげ」。ガンバで成長したDFの感謝

フットボールチャンネル 8/31(水) 11:00配信

 9月1日に幕を開けるワールドカップ・アジア最終予選。ロシア大会出場をかけた熱き戦いは、日本代表対UAE代表(埼玉スタジアム)の他に5カードが組まれている。そのひとつ、ソウルワールドカップ競技場に中国代表を迎える韓国代表には5人のJリーガーが集結。出場すれば26歳にして初キャップを獲得するDFオ・ジェソク(ガンバ大阪)は、感謝の想いを力に変えてキックオフの笛を待っている。(取材・文:藤江直人)

【動画】本田、得点を生む“6つの技”を伊メディアが動画で紹介

「日本で成長した姿をみんなの前で証明したい」

 最愛の家族、自らを成長させてくれたガンバ大阪、そしていまも敬愛してやまない大先輩へ。3つの感謝の想いを胸中に秘めながら、DFオ・ジェソクは母国・韓国に降り立った。

 中国代表をソウルワールドカップ競技場に迎える、9月1日のワールドカップ・アジア最終予選初戦へ。悔し涙を乗り越えて韓国代表デビューを目指す26歳は、帰国前から武者震いを抑えきれなかった。

「ワールドカップ・ロシア大会につながる最終予選なので。試合を見るだけで日本へ帰ってくるのももったいないから、1試合でもいいので出場して、日本での4年間で成長した姿をみんなの前で証明したい」

 西ドイツ代表としてワールドカップ・スペイン大会に出場した、ウリ・シュティーリケ監督に率いられる韓国代表に招集されるのは今回で2度目になる。レバノン代表をホームに迎えた今年3月のアジア2次予選へ向けて届いた吉報は、直後に悪夢へと変わってしまった。

 韓国サッカー協会が代表メンバーを発表した3月14日。オ・ジェソクはガンバの一員として、上海上港(中国)とのACLグループリーグ第3節へ向けて敵地に入っていた。しかし、好事魔多し。一夜明けた15日の一戦の前半35分に、左太ももを痛めて交代を強いられてしまう。

 精密検査の結果は左外側広筋筋膜炎。戦線離脱とともに、同21日に合流する予定だった韓国代表を辞退せざるをえなくなった。凱旋帰国を心待ちにしていた両親へ、電話で無念の思いを伝えた。

「僕自身もショックだったし、両親も本当に楽しみにしていたと思うんですけど……。ただ、残念な思いを僕には伝えたくなかったのか、電話では『大丈夫だよ。次があるから』と励ましてくれたんですけど、電話を切ったあとに母は泣き出してしまったと、後になって兄や姉から聞かされました」

1/5ページ

最終更新:8/31(水) 11:00

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。