ここから本文です

アグエロ、“エルボー”の代償でダービー欠場は決定的…協会が処分を発表

フットボールチャンネル 8/31(水) 11:10配信

 イングランドサッカー協会(FA)は、マンチェスター・シティのアルゼンチン代表FWセルヒオ・アグエロが暴力的行為を理由に処分を科すことを発表した。

【動画】何度みても美しい 中村俊輔の“魔法の左足” 世界4位に認定

 アグエロは現地時間28日に行われたプレミアリーグ第3節のウェストハム戦で相手DFウィンストン・リードにエルボーを食らわせ、これが処分の対象となった。

 試合中に警告などはなかったが、試合後に映像でラフプレーと判断されたことで処分に至った。アグエロは現地時間31日の18時までに異議申し立てを行うことができ、それを経て出場停止となる試合数などが確定する。

 しかし、英紙『デイリー・メール』によればアグエロは3試合の出場停止が下される見込みとなり、9月10日にアウェイで行われるマンチェスター・ユナイテッドとの“マンチェスター・ダービー”の欠場は決定的だという。

 マンチェスターの両クラブは毎年のように優勝争いを演じ、今季は互いに大型補強を敢行。さらにそれぞれジョゼップ・グアルディオラ、ジョゼ・モウリーニョが監督に就任し、プレミアリーグでの初対決ということで世界が注目するビッグマッチとなるはずだったが、この大一番でアグエロのプレーを見ることはできなさそうだ。

 3試合の出場停止が下された場合、アグエロはユナイテッドに加えて第5節のボーンマス戦(ホーム)とリーグ杯のスウォンジー戦(アウェイ)も欠場することとなる。

フットボールチャンネル

最終更新:8/31(水) 11:26

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。