ここから本文です

ベイルの義父が詐欺行為で禁錮刑に! 被害者には認知症患者も

フットボールチャンネル 8/31(水) 11:20配信

 レアル・マドリーのウェールズ代表FWガレス・ベイルの家族に禁固刑の実刑が下ったようだ。英紙『ミラー』が報じた。

【写真】美の競演…世界の美女サポーターたち

 ベイルの婚約者であるエマ・リース=ジョーンズ氏の父親であるマーティン・リース=ジョーンズ氏は、ほぼ無価値の株式を高値で売り260万ユーロ(約3億円)の利益を上げる詐欺を行っていた。

 被害者はイングランド、アメリカ、カナダで250人にも登り、中にはアルツハイマー病を患う者もいたという。

 銀行口座がニューヨークにあったことで、アメリカ司法からの裁きを受けたマーティン氏にはアメリカで禁固刑6年、さらに詐欺被害者への返金を言い渡された。

 先日、長年付き添っているエマ氏と婚約したばかりのベイルだが、ここにきてネガティブなニュースが舞い込んできてしまったようだ。

フットボールチャンネル

最終更新:8/31(水) 11:27

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。