ここから本文です

チェルシー、元世界最高額DFの再獲得案が浮上! コンテ監督の守備の悩みを一挙解決へ

フットボールチャンネル 8/31(水) 12:26配信

 チェルシーは、パリ・サンジェルマン(PSG)のブラジル代表DFダビド・ルイスの再獲得を検討しているようだ。『デイリー・メール』や『ESPN』など複数の英国メディアが報じている。

【動画】何度みても美しい 中村俊輔の“魔法の左足” 世界4位に認定

 D・ルイスは2011年1月にポルトガルのベンフィカからチェルシーに加入。チャンピオンズリーグやヨーロッパリーグなどのタイトル獲得に貢献し、2013/14シーズン終了後にPSGへと移籍した。

 PSGにはDFの選手としては当時世界最高額となる5000万ポンド(約67億5000万円)で売却したチェルシーだったが、今回は3200万ポンド(約43億2000万円)での再獲得を目指すという。

 D・ルイスはフランス・リーグ1が開幕して3試合全てでフル出場しており、いずれも下部組織出身のプレスネル・キンペンベとセンターバックのコンビを組んでいる。

 しかし、仏紙『ル・パリジャン』によれば、PSGのウナイ・エメリ監督は負傷で離脱しているキャプテンのチアゴ・シウバとリオ五輪で金メダルを獲得したマルキーニョスのコンビをファーストチョイスとして考えており、D・ルイスは3番手になるだろうと伝えている。そのため、適切なオファーが届けば放出を容認する構えのようだ。

 チェルシーは、一度は退団を表明しながらも残留を決意したジョン・テリーがシーズンを通してコンスタントにプレーできるかどうかが不透明な状態にあり、21歳のフランス代表DFクルト・ズマも長期離脱からいまだ復帰できていない。

 移籍市場の締切も残り1日に迫っていることから今夏のチェルシーはセンターバックの補強が急務となっており、ナポリのカリドゥ・クリバリやミランのアレッシオ・ロマニョーリらを狙っていたが、いずれも交渉は難航している。

 クラブに3年半在籍したD・ルイスが復帰することになれば、守備面の補強に頭を抱えるアントニオ・コンテ監督の悩みを一挙に解決することにもつながりそうだ。

フットボールチャンネル

最終更新:8/31(水) 12:35

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Yahoo!ニュースからのお知らせ

なぜ今? 首相主導の働き方改革