ここから本文です

セリエAでアンチユーベ対策が流行。“国外クラブのみ有効な解除金”条項挿入へ

フットボールチャンネル 8/31(水) 21:00配信

 現在セリエAでは、宿敵ユベントスに主力選手を引き抜かれないようにするための“アンチユベントス”対策が流行っているようだ。31日に伊紙『ガゼッタ・デロ・スポルト』が報じている。

【動画】伊紙が特集したミラン本田“多彩な美技”映像

 セリエA五連覇を成し遂げたユベントス。同クラブは、さらにその強さを確固たるものにすべくライバルクラブから主力を引き抜いている。今夏には、解除金を支払ってローマからMFミラレム・ピアニッチを獲得すると、さらにナポリからも高額な解除金を支払ってFWゴンサロ・イグアインを引き抜いた。

 そこでライバルクラブは、近づき難い金額でも支払えるユベントスの巨大な経済力を恐れて新たな対策を考案。それがイタリア国外クラブのみ支払いが有効となる契約解除条項を新契約に挿入するという方法だ。

 この条項は、国外のクラブからオファーが提示された場合のみ有効となる。一方で、国内のクラブからオファーが提示された場合にはクラブ間交渉が必須となるため、ユベントスから無断で主力を引き抜かれる恐れはない。

 プレミアリーグやリーガ・エスパニョーラではすでに存在しているこの条項は、現在セリエAで新種の条項として流行し始めているようだ。特にインテルとナポリが率先して新契約にこの条項を盛り込もうとしていると報じられている。

 インテルは、FWマウロ・イカルディとの新契約にこの条項を設けるとみられており、ナポリはDFカリドゥ・クリバリ、DFエルセイド・ヒサイ、MFピオトル・ジエリンスキの3名の契約にこの条項を挿入したという。

 セリエAのクラブたちは、様々な手段を使って猛威を振るうユベントスへ対抗するための対策を講じているようだ。

フットボールチャンネル

最終更新:8/31(水) 21:13

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。