ここから本文です

好きな服を着るから似合わない! “性格タイプ”で選ぶコーディネート術 【4タイプ】

ダ・ヴィンチニュース 8/31(水) 6:30配信

 20代の頃、モード系の服ばかり好んで着ていたら、「怖い」「喪服みたい」とよく言われた。それでも、「わたしはモード系が好きなんだ!」と、合コンなどにも頑なにモード系の服を着ていったのだが、いま思うと、どれだけのチャンスを逃したことかと後悔している。

 自分が着たい服を着ればいい。確かにそれも一理あるが、『4つの性格タイプから見つける いつの間にか人生が変わる服』(みなみ佳菜/ディスカヴァー・トゥエンティワン)の著者は、「内面と外面の不一致」が縁を遠ざけると指摘する。外から見た印象と実際の中身が違うと、相手は「あれ? こういう人だと思ったのに、なんだか違うな」と違和感を抱いたり、「ちょっと不思議な人だな」と距離を置きたくなったりしてしまうというのだ。

 逆に、内面と外面が一致した服を着ていると、自分らしさがストレートに伝わり、縁を引き寄せるという。そのためには、まず自分の内面を知ること。本書では「4つの性格タイプ」チェックシートをもとに、似合う服の見つけ方を指南している。快活・お茶目「ポップキュートタイプ」、自然体・落ち着き「シックナチュラルタイプ」、優しい・献身的「ソフトフェミニンタイプ」、存在感・凛とした「クールシャープタイプ」。それぞれのタイプに合わせた服選びをすることで、自分らしさを伝えることができるという。

 筆者はチェックシートの結果、「ポップキュートタイプ」。元気で明るい印象の色や柄で、はつらつとした魅力を表現すべきとのことだ。モード系は卒業したものの、一年中“冬”のようなダークカラーを着ているため難易度は高いが、思い切ってピンクのカーディガンを買ってみた。すると、初対面の人の前でも驚くほど自分らしく振る舞うことができ、なんと恋の予感も…! 本書で繰り返し述べられている、「顔回りは白で“レフ板”効果」を実践して、インナーに白を着たのも良かったように思う。

 また、「TPOに合わせた服」とよく言われるが、“TPPO”が大切だと著者は指摘する。「いつ(Time)どこで(Place)何をする(Occasion)」に、「誰と(Person)」を加えるのだ。自分が心地いいだけでなく、相手にとっても心地いいと思ってもらえる服装をすることで、「私はあなたのことを大切に考えています」という最高のメッセージが送れるという。TPPOと併せて押さえたいのが、「フォーカジ」。フォーカジとは、フォーマル&カジュアルの略。5段階で、フォーマル、セミフォーマル、ビジネス、オフィスカジュアル、カジュアルに分け、相手に心構えを伝えることの大切さを著者は説く。

 本書には、性格タイプ別のコーディネート例が多数、掲載されている。本書を片手にクローゼットを見直し、本当に似合う服選びの旅に出てはいかがだろうか。

文=尾崎ムギ子

最終更新:8/31(水) 6:30

ダ・ヴィンチニュース

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。