ここから本文です

【日本代表】ハリルから“怒られっぱなし”の柏木陽介。「決定的な仕事」には絶対の自信

SOCCER DIGEST Web 8/31(水) 6:30配信

「初めてな分、楽しめると思う」という言葉も心強い。

 2ボランチの組み合わせについて、ヴァイッド・ハリルホジッチ監督は次のように考えている。
 
「相手にもよりますが、ベースとなる考え方は、相互に補完し合える関係性です」
 
 これまでの采配を見ても、ひとりは守備的、もうひとりは攻撃的なタイプを並べることが多い。
 
 守備的な役割は、よほどのことがない限り、キャプテンの長谷部誠が務めるはず。では、攻撃的な役割を務めるのは誰か。指揮官が「彼は左利きで、組み立てに関われるし、フィニッシュワークでも期待できます」と評価している柏木陽介は、そのポジションを担えるだけの実力があり、本人も強い意気込みを口にする。
 
「中と外や、長短のパスの使い分けは、今の(メンバーの)中では自分が一番できるかな、と。そこは自信を持っている。相手を揺さぶって、決定的な仕事をしたい」
 
 日本代表としての自覚を強くしている。ワールドカップを本気で狙っている。
 
「試合に出たいし、レギュラーを掴みたい。そしてワールドカップという舞台に立ちたい」
 
 4年に一度の世界最高峰の大会に出場するためには、これがラストチャンスだと柏木は捉えている。プレッシャーも感じているようだが、「今は純粋に目標があることが楽しい」。最終予選は未経験だが、「初めてな分、楽しめると思う」という言葉も心強い。
 
 ハリルジャパンでの立ち位置も確立されてきた。「練習で監督に怒られることは多い。ターゲットにされている(笑)」状況も、指揮官からの期待を象徴しているだろう。話しながら見せる笑顔からは、充実感が伝わってくる。
 
 初戦の相手はUAE。昨年のアジアカップでの対戦時は選出外だったが、それがアドバンテージになると柏木は言う。
 
「僕の特長は知らないと思う。その分、裏へのパスだったり、ノールックは活きてくると思う。僕を起点に良い攻撃ができればいい」
 
 活躍のイメージは出来上がっている。すでに臨戦状態に入っているレフティが、難しい初戦の鍵を握っているかもしれない。
 
取材・文:広島由寛(サッカーダイジェスト編集部)
 

【日本代表】本田圭佑がUAE戦に見出す勝利+αの“使命”

最終更新:8/31(水) 15:18

SOCCER DIGEST Web

Yahoo!ニュースからのお知らせ