ここから本文です

【日本代表】何度も繰り返された「結果」の二文字。帰ってきた武藤は貪欲にゴールを目指す

SOCCER DIGEST Web 8/31(水) 20:00配信

「これ以上ないぐらい、ゴールに対する貪欲さが今はある」。

 ロシア・ワールドカップ・アジア最終予選のUAE戦を翌日に控えた日本代表が、埼玉県内でトレーニングを実施した。
 
 約9か月ぶりに代表復帰を果たした武藤嘉紀は「いつも通り、変わりはないです。選手みんな集中しているので、良い戦いができるんじゃないかと思います」と語る。
 
 自身にとって最終予選は初めての舞台となる。しかし、緊張はない。「状態も徐々に良くなってきている」と手応えを口にし、小さい頃からの夢でもあるワールドカップ出場に向けて、“結果”にこだわって活躍を誓う。
 
「しっかり結果を残し続けて、最終的にメンバーに入っていきたい。とにかく、ワールドカップ出場に貢献できたと思えるような結果を見せていきたい」
 
 ハリルジャパンでは、CFか、あるいは左ウイングでの起用が考えられる。もっとも、武藤自身にポジションへのこだわりはない。監督の求めるプレーに全力で応えるだけだ。「試合に出たら、アシストやゴールができれば、日本にとってプラスになる」と、フィニッシュワークで存在感を示そうとしている。
 
「これ以上ないぐらい、ゴールに対する貪欲さが今はある。それを代表でも出していけたらいい」
 
 自分自身の結果を出すことに集中するのは、その先にある“もうひとつの結果”を得るためでもある。
 
「先制点が絶対に大事になってくると思う。とにかく、内容うんぬんより、この予選は結果だけを求めていく。勝てば、流れに乗れると思う。勝つためのプレーをしたい」
 
 何度も繰り返された、「結果」という二文字。帰ってきた24歳のアタッカーの、ゴールに直結するプレーを期待したい。
 
取材・文:広島由寛(サッカーダイジェスト編集部)

最終更新:8/31(水) 20:01

SOCCER DIGEST Web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。