ここから本文です

清武に新たなライバル! セビージャが元フランス代表MFナスリの獲得を正式発表!

SOCCER DIGEST Web 8/31(水) 23:14配信

清武のライバルになりうるアタッカー。

 夏の移籍市場最終日となる8月31日、清武弘嗣が所属するセビージャは公式サイトでマンチェスター・Cから元フランス代表MFのサミア・ナスリを2017年6月までの1年間のレンタルで獲得したことを発表した。
 
 2011年にアーセナルからマンチェスター・Cに加入したナスリは、ドリブルとコンビネーションを織り交ぜた多彩な仕掛けで、チームの44年ぶりのリーグ優勝に貢献。しかし、ここ数シーズンは怪我にも悩まされ、プレーの精彩を欠くシーンが増えていた。
 
 迎えた今シーズンも、ジョゼップ・グアルディオラ新監督に「少し太りすぎた状態で戻ってきた」とバカンス明けのオーバーウェイトを指摘され、リーグ戦の出場は1試合のみに留まるなど退団が濃厚とされていた。
 
 ナスリは2列目を主戦場とするアタッカーなだけに清武のライバルとなる可能性は十分に考えられるだろう。
 
 多彩な戦術を用いるホルヘ・サンパオリ監督は一体、構想を抱いているのか。ナスリや清武ら攻撃的選手たちの起用法に注目だ。
 
 

最終更新:8/31(水) 23:14

SOCCER DIGEST Web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。