ここから本文です

ビヨンセ、VMAに警察に殺害された母親たち「マザーズ・オブ・ザ・ムーブメント」を招待

ローリングストーン日本版 8/31(水) 12:00配信

ビヨンセ、警察により射殺され、息子を亡くした4人の女性たちを授賞式のゲストとして招待。

ビヨンセ、リアーナ、アリシア・キーズらが訴える:黒人がすると殺される23の行動

ビヨンセが8月28日夜のMTVビデオ・ミュージック・アワード会場の前に敷かれたレッド・カーペットに現れたとき、彼女は数名の招待客と一緒だった。それは、レズリー・マックスパデンさん、グウェン・カーさん、ワンダ・ジョンソンさん、シブリナ・フルトンさんで、それぞれ、マイケル・ブラウン氏、エリック・ガーナー氏、オスカー・グラント氏、トレイヴォン・マーティン氏の母親だ。この4名の男性は、殺害されており、ブラウン氏、ガーナー氏、グラント氏は警察の手によって命を失っている。

ビヨンセは、以前にも彼女たちと一緒に登場している。4月、『レモネード』のミュージック・ビデオの中の曲『フリーダム』ではマックスパデンさん、カーさん、フルトンさんが出演している。7月には、この母たちは、フィラデルフィアで開催された民主党全国大会に姿を現し、ヒラリー・クリントン大統領候補への支持を表明した。

レッド・カーペットに登場した後のビヨンセは、VMAで最高の夜を過ごすことになった。彼女はアルバム『レモネード』の曲による爆発的なメドレーを披露したあと、『ホールド・アップ』で最優秀女性アーティスト・ビデオ賞を勝ち取り、最優秀ビデオ賞の栄誉を『フォーメーション』でさらった。カニエ・ウェスト、アデル、ドレイクのようなアーティストと競いながら、数多くの部門賞を手にしたのだ。その上、『レモネード』では、最優秀長編ビデオ賞でムーンマン像を獲得した。

Translation by Kise Imai

Rolling Stone

最終更新:8/31(水) 12:00

ローリングストーン日本版

記事提供社からのご案内(外部サイト)

RollingStone 2016年10月号

株式会社パワートゥザピープル

2016年10月号
9月10日発売

710円(税込)

表紙:トム・ヨーク
特集:IMAGE
ロック&ファッション&アート
高橋盾(UNDERCOVER)
ヒステリックグラマー 他

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。