ここから本文です

デイヴ・グロールとプロフェッツ・オブ・レイジが共演し、MC5の名曲をカヴァー

ローリングストーン日本版 8/31(水) 16:00配信

フー・ファイターズのデイヴ・グロール、プロフェッツ・オブ・レイジと1960年代の名曲『キック・アウト・ザ・ジャムズ』をカヴァー!

【映像あり】デイヴ・グロールとプロフェッツ・オブ・レイジが共演し、MC5の名曲をカヴァー

8月24日水曜日、デイヴ・グロールが、プロフェッツ・オブ・レイジのトロント公演にサプライズで登場した。
フー・ファイターズのフロントマンは、鮮やかな色のギターを持ってステージ中央に陣取り、1969年にリリースされたMC5の『キック・アウト・ザ・ジャムズ』を荒々しく披露した。グロールとモレロがこの曲の荒削りなギターリフを奏でる最中、チャックDとB-リアルは熱狂して手を振ったり、手を叩いてリズムを取ったりした。

プロフェッツ・オブ・レイジは、8月26日にデビューEPをリリースした。バンドは「Make America Rage Again」ツアーを開始したばかりで、8月27日土曜日にブルックリンのバークレイズ・センター公演を行い、その後、9月と10月にかけて全米をジグザグに進み続ける予定だ。

プロフェッツでベースを担当するティム・コマーフォードは、ウォクラットのメンバーとしてツアーのオープニング・アクトも務めている。「両方のバンドで演奏できて光栄だ。プロフェッツ・オブ・レイジはもっと身体的な試練で、よりエアロビックかつ音楽的なプロジェクトで、ベーシストとして参加しているものだ。一方、ウォクラットはもっと頭や心に精神的なプレッシャーがかかるプロジェクトさ。違うものだから、どんな結果になるのか楽しみだよ」と、コマーフォードはローリングストーン誌に述べている。

Elias Leight

最終更新:8/31(水) 16:00

ローリングストーン日本版

記事提供社からのご案内(外部サイト)

RollingStone 2017年WINTER

株式会社パワートゥザピープル

2017年WINTER
12月10日(土)発売

880円(税込)

特集:The Rolling Stones
約11年ぶりの新作インタヴュー
ONE OK ROCK
SUGIZO/TAKURO
浅井健一/西島隆弘 AAA

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。