ここから本文です

デイヴ・グロールとプロフェッツ・オブ・レイジが共演し、MC5の名曲をカヴァー

ローリングストーン日本版 2016/8/31(水) 16:00配信

フー・ファイターズのデイヴ・グロール、プロフェッツ・オブ・レイジと1960年代の名曲『キック・アウト・ザ・ジャムズ』をカヴァー!

【映像あり】デイヴ・グロールとプロフェッツ・オブ・レイジが共演し、MC5の名曲をカヴァー

8月24日水曜日、デイヴ・グロールが、プロフェッツ・オブ・レイジのトロント公演にサプライズで登場した。
フー・ファイターズのフロントマンは、鮮やかな色のギターを持ってステージ中央に陣取り、1969年にリリースされたMC5の『キック・アウト・ザ・ジャムズ』を荒々しく披露した。グロールとモレロがこの曲の荒削りなギターリフを奏でる最中、チャックDとB-リアルは熱狂して手を振ったり、手を叩いてリズムを取ったりした。

プロフェッツ・オブ・レイジは、8月26日にデビューEPをリリースした。バンドは「Make America Rage Again」ツアーを開始したばかりで、8月27日土曜日にブルックリンのバークレイズ・センター公演を行い、その後、9月と10月にかけて全米をジグザグに進み続ける予定だ。

プロフェッツでベースを担当するティム・コマーフォードは、ウォクラットのメンバーとしてツアーのオープニング・アクトも務めている。「両方のバンドで演奏できて光栄だ。プロフェッツ・オブ・レイジはもっと身体的な試練で、よりエアロビックかつ音楽的なプロジェクトで、ベーシストとして参加しているものだ。一方、ウォクラットはもっと頭や心に精神的なプレッシャーがかかるプロジェクトさ。違うものだから、どんな結果になるのか楽しみだよ」と、コマーフォードはローリングストーン誌に述べている。

Elias Leight

最終更新:2016/8/31(水) 16:00

ローリングストーン日本版

記事提供社からのご案内(外部サイト)

RollingStone 2017年WINTER

株式会社パワートゥザピープル

2017年WINTER
12月10日(土)発売

880円(税込)

特集:The Rolling Stones
約11年ぶりの新作インタヴュー
ONE OK ROCK
SUGIZO/TAKURO
浅井健一/西島隆弘 AAA

天皇陛下の退位 専門家の提言

天皇陛下の退位をめぐり政府が設けた有識者会議は年明けにも、論点整理を取りまとめる。
憲法や皇室問題に詳しい専門家の提言とは。