ここから本文です

レイジ・アゲインスト・ザ・マシーンのティム、新バンドのウォクラットについて語る

ローリングストーン日本版 8/31(水) 16:30配信

プロフェッツ・オブ・レイジのツアーに参加するティム・コマーフォード率いる荒削りな新トリオ、ウォクラットのニュー・シングルを聴く。

【視聴あり】レイジ・アゲインスト・ザ・マシーンのティム、新バンドのウォクラットについて語る

この夏、ティム・コマーフォードは、ふたつのバンドでの活動を楽しんでいる。現在、このベーシストは、プロフェッツ・オブ・レイジのツアーに参加し、典型的なレイジ・アゲインスト・ザ・マシーン(以下、RATM)のプロテスト・アンセムをはじめ、パブリック・エナミーやサイプレス・ヒルの人気楽曲を演奏している。それだけでなく、彼はドラマー(そしてバンド名の由来)のマティアス・ウォクラット(コマーフォードが昨年ローリングストーン誌に語ったところによると、ふたりはRATMのフロントマン、ザック・デ・ラ・ロッチャを通じて知り合ったという)とギタリストのローレン・グランジョンと結成したプログレとパンクを融合させた非常に激しいトリオ、ウォクラットとしてもライヴに出演する。

後者のバンドのウォクラットは、伝説のアンダーグラウンド・メタル・レーベルであるイヤーエイクより11月11日にリリース予定のセルフタイトル・デビュー・アルバムの準備を進めているところだ。アルバムのオープニングトラック『Sober Addiction』(下の動画を参照)のような楽曲では、ウォクラットが強烈で狂ったようなリズムで駆け抜けていくなか、リード・ヴォーカルを兼任するコマーフォードが歌ったり叫んだりする。バンドのサウンドは、ヘルメットのような90年代初期のオルタナティヴ・メタルのスタンダードを思わせるだけでなく、マティアス・ウォクラットのしっかりとしたジャズのバックグラウンドが活かされ、コマーフォードが愛するクラシック・パンクロックの要素もある。

「プロフェッツ・オブ・レイジは、よりエアロビックかつ音楽的なプロジェクトでベーシストとして参加するものだけど、ウォクラットはもっと頭や心に精神的なプレッシャーがかかるプロジェクトさ」と、コマーフォードはツアー前日に実施した電話インタヴューでローリングストーン誌に語っている。本インタヴューでは話題が多岐にわたり、ウォクラットの強烈な作曲スタイルや、RATMが偉大なパンク・バンドだと見なされていない理由、彼がスラングの多い歌詞が好きな理由、ジョン・マッケンローとのカラオケの様子などについて話してくれた。



─今回、ウォクラットとプロフェッツ・オブ・レイジのかけ持ちでツアーをする予定ですよね。

ツアーは明日始まるんだけど、会場を数日前から押さえることができてラッキーだったよ。このインタヴューを終えたら、ウォクラット(のサウンドチェック)の時間さ。俺のためじゃなくて、他のふたりのためにこの機会を設けたんだ。パフォーマンスに関しては、今回の会場は彼らが今まで見たなかで一番大きい会場になるからね。楽しみだよ。

─バンドは既に何回かライヴを実施したかと思いますが、大規模なライヴは今回が初めてですよね?

ああ、確かに。今回が初めてだね。バンドとしては、小さめのショーを合計6~7回程度しかやってないから、すごく楽しみだよ。今回のスケジュールは、だいたい3日連続で公演をした後、オフが1日ある感じさ。それが通常のやり方だし、そうすることで良いパフォーマンスができるからね。俺たちがやっているのもまさにこのやり方だね。

1/4ページ

最終更新:8/31(水) 16:30

ローリングストーン日本版

記事提供社からのご案内(外部サイト)

RollingStone 2017年WINTER

株式会社パワートゥザピープル

2017年WINTER
12月10日(土)発売

880円(税込)

特集:The Rolling Stones
約11年ぶりの新作インタヴュー
ONE OK ROCK
SUGIZO/TAKURO
浅井健一/西島隆弘 AAA

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。