ここから本文です

小島慶子のそこじゃない!「謝るな」「泣くな」とか言うけど、どんな気持ちかは五輪で戦った本人にしか言えない

週プレNEWS 8/31(水) 10:00配信

試合後に期待された成績が残せなかった選手が“とにかく謝っていた”印象の強かったリオ五輪。

彼らがどんな言葉を発しようが、見ている側に必要なのは、彼らの気持ちに寄り添い、共感しようとする姿勢なのではないだろうか。

タレントでエッセイストの小島慶子が、世間の気になる話題に独自の視点で斬り込む!

* * *

世の中に、オリンピックに出たことのある人って、どれくらいいるのかな。もちろん私は出たことがないし、周りにも、出そうになった人すらいない。それぐらい、オリンピック選手って特別な存在。

閉会式の画面に映っていたのはみーんな、そんな超特別な人たちです。でも、メダルを手にしたのはひと握り。多くの選手の記録は光を浴びずに終わる……なんて過酷な世界でしょう。

努力を重ねてそんな特殊な場所に立つ選手って、ほんとにすごい。めちゃくちゃリスペクトです。「日本代表」といっても、個人的にはまるで別世界の人!

選手たちに、負けたら謝れとか謝るなとか、勝ったらうれしそうにしろとか調子に乗るなとか、感謝しろとか泣くなとか、いろいろ言う人がいるけど、じゃあ人生かけてオリンピック、出てみろって。

戦った本人にしか、どんな気持ちかは言えないでしょ? まずは素直にそれを聞きたいよ。

選手の言葉に耳を傾け、胸を打たれて、涙し、笑って、共感するだけでいいじゃない。そして、心からの拍手を。ただただ今は、すべての選手に心からの拍手を送ります。



●小島慶子(Kojima Keiko)
タレント、エッセイスト。レスリングの吉田沙保里選手が、表彰式後のインタビューで涙ながらに銀メダルの悔しさを語ったときに「レスリングやってて幸せです」と言ったのが印象的でした。とてもすてきでした

最終更新:8/31(水) 10:00

週プレNEWS

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊プレイボーイ

集英社

No.50
11月28日(月)発売

定価400円(税込)

トランプと「新イスラム国」が日本の神風に
なる!/年末ジャンボ155売り場へ/最新
スポーツカーが超カッケー【グラビア】内田
理央/忍野さら/水原ゆき/都丸紗也華 他

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。