ここから本文です

伝説のクソゲー『いっき』のサン電子はFBIとも取引する超優良企業!

週プレNEWS 8/31(水) 6:00配信

『いっき』や『アトランチスの謎』など、ファミコン全盛時代に数々の名作(迷作!?)を生んだゲームメーカー、サン電子(サンソフト)が今年で45周年を迎える。

【画像】クソゲーの由縁のひとつ「竹ヤリ」

発売中の『週刊プレイボーイ』37号では、そんなサン電子の輝かしい歴史を振り返る特集を掲載。

“クソゲー”の名づけ親である、みうらじゅん氏が「天下のクソゲー」と評した伝説の作品『いっき』のほか、「あの『スーパーマリオ』を超えた!」と謳われた『アトランチスの謎』、時代劇ものアクションの名作『かんしゃく玉なげカン太郎の東海道五十三次』などの代表作を紹介している。



しかしサン電子は、なぜ数々の名作(迷作)を生むことができたのか? 実は、同社は初めからゲームメーカーだったわけではない。もともとは愛知県の江南市に本社を構え、パチンコ機の基板や駅の切符の券売機を作っていた。

そこに空前のファミコンブームが到来した。創業者の前田昌美氏の「なんでもやってみなさい」という精神を大切にするサン電子は、エンジニアたちの技術力が活かせる分野ということで、自由な発想でゲーム事業に乗り出したのだという。

そのため、現在もゲーム以外の事業を続けており、取引先は海外にも広がっている。取締役である東谷浩明氏が語る。

「当社は大きく分けると情報通信事業とエンターテインメント事業の2本柱となっており、例えば情報通信事業ではネット黎明期に日本で最初か2番目にモデムの製造を始めたりしていたんですよ。

近年では気象庁のアメダスにも採用されているM2Mリナックスマイクロサーバや、国内外の警察署や米国のFBIにも配備してもらっている犯罪捜査機関向け携帯電話用データ抽出端末も販売しています」

来年はPS4のVR専用のゲームを発売する予定もあるというサン電子。発売中の『週刊プレイボーイ』37号の大特集で、知れば知るほど奥が深い同社の魅力に、ぜひ触れていただきたい。

(取材・文/昌谷大介[A4studio] (c)SUNSOFT)

■週刊プレイボーイ37号「クソゲーに愛を! 45周年だよ、サン電子!!」より

最終更新:8/31(水) 6:00

週プレNEWS

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊プレイボーイ

集英社

No.51
12月5日(月)発売

特別定価470円(税込)

トランプが仕掛ける新条約が鬼すぎ!/アス
トンマーティンCEOを独占直撃!/スマホ
3大キャリアを卒業しよう【グラビア】馬場
ふみか/鈴木ふみ奈/松本愛/三城千咲 他

Yahoo!ニュースからのお知らせ