ここから本文です

熱烈歓迎!音楽ツーリスト様

ニューズウィーク日本版 8/31(水) 15:00配信

<大好きなアーティストを追い掛けて、イギリスにライブを見に行く海外からのツアー客が急増している>(写真はライブパフォーマンス中のエルトン・ジョン)

 近年、定額音楽配信サービスの拡大を受け、CDの売り上げは減少の一途。だが、音楽業界全体が低迷しているわけではなく、コンサートやライブの市場は急成長を遂げている。なかでも絶好調なのがイギリスだ。

 業界団体UKミュージックが6月に発表した報告書によると、昨年1年間にイギリスで開かれたコンサートや音楽フェスティバルのチケット販売枚数は計2770万枚。前年比7%増の37億ポンドのチケット収入があった。

 ロンドンだけでも、延べ840万人がコンサートに行った。このうち300万人以上は音楽ツアー客、つまり大好きなアーティストのコンサートを見るために、地方(または外国)からロンドンに来た人だ。イギリス全体で見ると、音楽ツアー客がもたらしたチケット収入は5億4900万ポンドにも上る。

【参考記事】「ロックもラップもいずれ死ぬ」

「ライブの需要は引き続き高まっている。昨年、外国からの音楽ツアー客は前年より16%増えた。この報告書は、ライブの経済効果を明確に示した」と、UKミュージックのジョー・ディプルCEOは胸を張る。

 昨年はテイラー・スウィフトやフー・ファイターズなど大物アーティストが、世界ツアーの一環でイギリス公演を開催。今年もマライア・キャリーやビヨンセ、ジャスティン・ビーバーなど大物の公演がめじろ押しだ。

 国内アーティストも健闘している。昨年のコンサート収入トップ20には、ワン・ダイレクションやエド・シーラン、エルトン・ジョンなどのイギリス出身アーティストが名を連ねた。

 ただし、ライブ市場が拡大しているのはアルバムの売れ行き低迷を受け、アーティスト側がツアーに力を入れるようになったことも影響していると、デイリー・テレグラフ紙の音楽評論家ニール・マコーミックは言う。



「ライブブームは、音楽業界が直面している問題の一面でもある。ほとんどのアーティストはアルバムの売り上げが落ち込み、以前よりも積極的にツアーをするようになった。最近はベテランアーティストによる素晴らしいコンサートも多い」

 ほかにも懸念すべきトレンドがある。大規模なコンサートが盛り上がる一方で、小規模なライブハウスは不動産相場の上昇などから閉鎖が相次いでいるのだ。BBCによると、過去10年間にロンドンのライブハウスの40%が閉鎖に追い込まれた。

「ライブを取り巻く状況は、(UKミュージックの)報告書が描くほどバラ色ではない」と、マコーミックはクギを刺す。

 ライブが盛り上がるのは、優れたアーティストがいてこそ。未来のスターにチャンスを与えるライブハウスの減少は、イギリスの音楽業界にとって頭の痛い問題といえそうだ。

[2016.8.23号掲載]

トゥファエル・アフメド

最終更新:8/31(水) 15:00

ニューズウィーク日本版

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ニューズウィーク日本版

株式会社CCCメディアハウス

2016-12・ 6号
11/29発売

460円(税込)

なぜ今? 首相主導の働き方改革