ここから本文です

ダイハツの「スマートアシスト」搭載車が累計販売100万台を達成

clicccar 8/31(水) 16:33配信

「スマアシ」こと、ダイハツの衝突回避支援システム「スマートアシスト」搭載車が2016年7月末時点で100万台を達成したそうです。

【この記事に関する関連する別の画像を見る】



2012年12月に発売された「ムーヴ」から採用された衝突回避支援システム「スマートアシスト」は、2015年4月に「スマートアシストⅡ」に進化。単眼カメラと近距離用のレーザーレーダー(赤外線)を使って先行車などとの距離を測定するシステムで、軽自動車やコンパクトカーに搭載されています。

「スマートアシストⅡ」は、対車両の衝突回避支援ブレーキ(約4km/h以上50km/h以下で作動し、前方20m以内にある車両を検知して作動、速度差約30km/h以内)をはじめ、衝突警告機能(対車両、対歩行者)、車線逸脱警報機能(約60km/h以上で走行、警告のみ)、誤発進抑制制御機能、先行車発進お知らせ機能からなる安全装備。



現在、ダイハツの軽乗用車ではムーヴ、タント、ミライース、ウェイク、キャスト、軽商用車ではハイゼット キャディー、小型乗用車ではブーンの合計7車種に同装備が採用されていて、同装備採用車両での搭載比率は7割を超えています。

スマートアシストⅡは30km/hから50km/hまで作動速度が引き上げられていますし、価格は4~5万円程度という設定ですから、保険の特約のつもりでぜひ装着したいものです。



(塚田勝弘)

最終更新:8/31(水) 16:33

clicccar

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。