ここから本文です

大富豪ロックフェラーも魅了された メイン州の国立公園の独特の景観とは

CREA WEB 8/31(水) 12:01配信

Magnificent View #1065アーカディア国立公園(アメリカ)

 太西洋沖のマウント・デザート島と周囲の小さな島々からなるアーカディア国立公園は、アメリカ最東北部にある自然の宝庫。

 それほど大きな規模ではないが、人々を魅了するのは、サイズではなく独特の景観だ。花崗岩でできたゴツゴツとした海岸線と雄大な山のコントラストは、なかなかほかでは見ることができない。

 一帯の自然保護には、この地に魅せられた富豪たちも一役買っている。ここは東海岸の大都市からそれほど距離が遠くなかったこともあり、19世紀後半にはジョン・ロックフェラーをはじめとする多くの富豪が夏の避暑に訪れるようになっていた。

 それまで素朴だった島には豪華な別荘が立ち並ぶようになったが、彼らは同時に自然の保護にも乗り出した。自然保護組合も結成され、1916年には国立モニュメントに。3年後、国立公園となった。

 今やここは、年間250万人もの人が訪れる人気の観光スポット。2016年7月には、国立公園局の管理下に置かれてから100周年を迎え、盛大な記念式典も行なわれた。

芹澤和美

最終更新:8/31(水) 12:01

CREA WEB

記事提供社からのご案内(外部サイト)

CREA

文藝春秋

2017年1月号
12月7日発売

定価780円(税込)

食べてのんびり、また食べる
ゆるむ、台湾。

Jun.K(From 2PM)「これからも僕らは」
台湾二大人気占い師が占う「2017年わたしの運命」

ほか

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。