ここから本文です

さすがカルディ! と感嘆の品ぞろえ 手みやげに喜ばれるマンゴーアイスバー

CREA WEB 8/31(水) 12:01配信

 カルディというショップ、ご存じの方、多いかと思います。コーヒーと世界中からの輸入食品がみっちり並べられている、食のワンダーランドのようなお店です。

 今回ご紹介するのは、そのカルディにあるオーストラリアのワイス社のマンゴーアイスバー(4本・680円)です。

 このアイスバーが本当においしいのです。

 暑い季節に、親しい人への手みやげとしてもっていくのですが、食べた人、ほぼ全員が口をそろえて、「完熟マンゴーそのものの味!」と感動してくれます。

 日本製のアイスバーは水の分量が多くてさっぱり味のものが多いので、そのイメージで食べると、このアイスバーの果実まるごと感に意表をつかれるのです。

 マンゴーの濃い味のシャーベットに、クリーミーなミルクアイスの部分がほんの少しあります。ほんの少しの、このミルクアイスのミルクの甘さが甘酸っぱいマンゴーの味をみごとに引き立てる、天才的配分だと私は思います。

 このおいしさで1本あたり170円とは! 産みの親のオーストラリアのワイス社もすばらしいですが、こんなにおいしくてお手頃価格のスイーツを見逃さず仕入れているカルディも、さすがだと思います! 

パイナップルのアイスバーもおすすめ!

 ワイス社のアイスバーは他にもいろいろな味がありまして、私の好みでは、マンゴーの次がパイナップル(4本・552円)です。

 濃厚なマンゴーに比べて、パイナップルはさっぱりとしたさわやかな味わいが魅力。猛暑の疲れを癒す味です。お風呂上がりにも合いますね。

 このアイスバー、スティックはついていなくて、1本のバー状です。チョコバーを食べるときのように、袋を破って、ワイルドにかじりついてもよいのですが、適当な大きさに切り分けて、器にうつして、スプーンで食べると食べやすいです。

 濃厚なマンゴーとさっぱりパイナップルを器に盛り合わせると、立派なデザートになるので、ホームパーティへの差し入れなどにももってこいです。

 私はこのアイスバーを夏の撮影現場のおやつにもっていくこともあります。マイ保冷バッグ持参で代々木上原のカルディでごっそり買い込んで、撮影スタジオについたら、即、冷凍庫に入れておきます。

 カルディは現在、東京都内に50店舗以上、全国で300店舗以上もあるらしいです。冷凍食品なので持ち歩く時間が長いと溶けてしまうため、調達するにはどこの店舗が便利か、検索してからどうぞ! 

カルディコーヒーファーム 代々木上原店
所在地 東京都渋谷区西原3-8-5 アコルデ代々木上原1F
電話番号 03-3460-1030
http://www.kaldi.co.jp/

肱岡香子(ひじおか きょうこ)
フードスタイリスト。雑誌、書籍、テレビ番組などで活躍。『東京手みやげ美人』(講談社)では、大好きなお菓子をシチュエーションや相手に応じて“手みやげリスト”として紹介。

肱岡香子

最終更新:8/31(水) 12:01

CREA WEB

記事提供社からのご案内(外部サイト)

CREA

文藝春秋

2016年12月号
11月7日発売

定価780円(税込)

おいしいもの、買いたいものいろいろ
贈りものバイブル

毎日使いたいベストコスメ発表!
村上春樹「東京するめクラブ」より熊本再訪のご報告

ほか

なぜ今? 首相主導の働き方改革