ここから本文です

夏の終わりは音楽と夕陽 沖縄を味わい尽くす

オーヴォ 9/1(木) 10:02配信

 沖縄は夏の同義語、という人は多い。そんな季節も台風とともにだんだん遠くなる。でも、沖縄好きならその“最後の1秒”まで味わい尽くそう。夕陽を眺めながらライブ演奏を楽しむイベント「夕陽鑑賞会~音楽と食とゆうもどろの祭典~」が海洋博公園(沖縄・本部町)で、9月17・18日に開催される。

 沖縄・奄美諸島に伝わる古代歌謡「おもろさうし」では、南国の太陽が東の空に昇るとき、色あざやかな光が織りなす荘厳で雄大な光景を「あけもどろの花」と形容している。「ゆうもどろ」とは、逆に西の空に沈む太陽が織りなす光景を形容した造語で、本部町の水平線に沈む美しい夕陽を表現する際によく使われるのだそうだ。

 そんな夕陽を眺めつつ、グルーヴ感あふれるジャズや、70's~90'sの音楽を生演奏でたんのう。本部町の飲食店が出店する「おいしいもの広場」も併設されるから、食も楽しめる。去っていく夏への哀愁、でも沖縄なら明るく夏を送り出してあげられそうだ。

最終更新:9/1(木) 10:02

オーヴォ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。