ここから本文です

櫻井翔とつんく♂がCMで共演 櫻井の印象は「自然体で好青年」

エンタメOVO 9/1(木) 15:31配信

 嵐の櫻井翔が広告キャラクターを務めるアフラックのCM「新 生きるためのがん保険Days」シリーズの新CM「がん保険を、話そう。つんく♂さん『声』」篇が9月1日から、全国でオンエアされている。

 このCMは、「がん保険を話そう。」というコンセプトのもと、櫻井が、がんを経験された人のリアルな声を聞き、がん保険について語り合うシリーズで、今回のCMでは2014年に喉頭がんを公表し、のちに声帯摘出手術を経験したつんく♂が登場。アーティスト、そしてプロデューサーとして、一番大切な声を捨てて生きることを選んだつんく♂の体験談をもとに、ドキュメンタリー手法で描いたものとなっている。

 CMの舞台は、さまざまな楽器が置かれたつんく♂の仕事部屋。櫻井とつんく♂のコミュニケーションツールとしてノートパソコンとタブレットが使用され、がんが見つかった当時の心境などを、パソコンとタブレットを介して伝えていくというストーリー。

 喉頭がんを経験後、今回が初のCM出演となったつんく♂。櫻井とは、以前、櫻井が司会を務めた音楽番組に出演して以来、数年ぶりの再会とのこと。撮影の合間には、常につんく♂に話しかけていた櫻井。

 そんな櫻井の印象をつんく♂は「常に自然体ですごいなと思いました。きっと普段もあのように好青年なんでしょうね」と語り、さらに「彼が共演者だったのもCM出演を決めた理由の一つです」とCM出演の理由の一つに櫻井という存在があったことを明かした。

 また、このCMの60秒版が公式ホームページで公開されている。

最終更新:9/1(木) 15:31

エンタメOVO

記事提供社からのご案内(外部サイト)

エンタメOVO

(株)共同通信社

エンタメ界で活躍する旬のスターが続々登場。
読み応えのある記事&すてきな写真が満載!
今の時代にぴったりのエンタメサイト!

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。