ここから本文です

【アイドルお宝くじ】生ハムと焼うどんがセクシーに魅了

Smartザテレビジョン 9/1(木) 6:02配信

7月30日、東京・六本木ヒルズアリーナにて行われた「アイドルお宝くじパーティーライヴ 真夏の神曲 紅白歌合戦」に出演したアイドルを、Smartザテレビジョンがイベント当日に独占直撃!

【写真を見る】おなじみの“チャリーン”ポーズはこちら! 変顔もキュート!!

La PomPon、つりビット、神宿、生ハムと焼うどんの4組に、テレビ朝日での放送に向けて自分たちの仕上げポイント、それぞれが思う真夏の神曲についてなどを聞いた。

9月9日(金)放送、大トリとなる第4弾は歌唱前の寸劇が業界内外から大きな注目を集める、“常識を覆す(JK)ユニット”生ハムと焼うどん(通称・生うどん)が登場。生ハム担当の西井万理那と焼うどん担当の東理紗の自由過ぎる“タメ口インタビュー”を公開する。

――ライブの感想を教えてください!

西井:生うどんは今回初めてTシャツ姿でライブイベントに挑んだんですよ。

東:そうそう!

西井:いつもは、あのひらひらな赤と青の派手な衣装なんだけど(笑)。

東:そうそうそう!

西井:(カバー曲が)セクシーな曲だから、いつもの服だとセクシーな感じが出ないかなと思って…。まあこれもセクシーだったか分からないけど、Tシャツを着たの。

東:確かに初めてワンマンライブ以外でTシャツにしたよね。あと、2人ともツインテールじゃない髪形で出たのも初めて。あれ、初めてだよね?

西井:そうそう! 初めてだよ。

東:だってさ、絶対ツインテールで「もうどうにもとまらない~」ってやるより、普通の髪形でやる方が決まるじゃん?

西井:うちら髪長いしね。

――なるほど。セクシーさを出すためにツインテールをやめたんですね?

東:そう。今回は色気第一なの!

西井:色気第一!(笑) でも、出ていたかどうかは分かんないけどね。

東:出てたよ! それでみんなを惑わしたの。

西井:内面からも色気がにじみ出ていたよね。

東:生うどんはいつもね、食いしん坊(ファン)に「おまえら」って呼ばれるの。でも、今回は私たちこんなにかわいいから、「あなたたち」とか呼ばせたいよね。

西井:そうなんですよ。うちらヲタクに「おまえ」とか「あいつら」って言われるの!

東:そうそう「あいつらさ~」ってね。あと「キサマ」とか言われるんだよ。だから、今回は「お嬢様方」って言われるようにルックスを変えたの。まだ言われてないけど(笑)。

西井:物販のときに言われるでしょ。

東:むしろ言わなかったら出禁(出入り禁止)にするよね。

西井:確かに! これで「おまえら」とか言ったら食いしん坊失格だよ。

東:そうそう。うちらが食いしん坊を選ばせていただくからね。

――でも、お2人も食いしん坊の方を「おまえら」って呼ぶんじゃ…?

東:それはいいの!(笑)

西井:(笑)。でも、「おまえら」とは呼ばないかも。呼んだことなくない?

東:あ、そっか。

――じゃあ、何て呼ぶの?

西井:ハゲ!

――もっとひどいし!(笑)

東:じじい!とかね(笑)。

西井:そうそう。

東:でも、一番ヒドイのは「金づる」かな。

西井:確かに!(笑)「おい、金づる~」って呼んじゃうよね。

――ひどい…。そして、今回披露した「どうにもとまらない」(山本リンダ)って曲は知っていました?

東:知らな~い!

西井:今回初めて知ったけど、いい歌だよね。

――今回は「テレ朝夏祭り」でのイベントでしたけど、夏祭りってよく行く?

西井:行かなーい。

東:去年は結局夏祭りに行かなかったね。

西井:あれ? 行かなかったっけ?

東:うん、8月って忙しいじゃん。夏休みだし大きいイベントが多いのも8月だしね。それに去年も10月にワンマンライブがあって、ことしも10月21日(金)にワンマンがあるの。8月って言ったらもうワンマンの2カ月前じゃん? だから、全然遊んでいられないよね。

西井:それに8月って夏休みだからヲタクがフリーになるんですよ。特に女子とかが。その子たちに来てほしくていっぱいライブをするんで、全然時間がないんだよね。

東:時間ないよね~。花火とかも全然見られなかったなあ。

西井:だから夏休みは1日くらいしかないかも。

東:でも~その代わり、ファンの人の笑顔とか、汗とか涙とか、花火なんかより大切な思い出と光景が見られたので、満足です!

――き、急にどうした?(笑)

東:ウフッ。

西井:これそのまま書いてくださいね! 東が一番大事なこと言ったから。

東:そうそう。だから何も後悔はしていません! にっちゃんもしてないでしょ?

西井:うん。してない!

東:ファンの笑顔が一番の花火だから。

――これはツッコまなくていいの?(笑)

西井:大丈夫!(笑)

東:これ本音なんで!(笑)

――六本木ヒルズでのライブはどうでしたか?

東:すごくいい場所!

西井:ここ超いいよね!

東:いい! いつか借りたい!

――何がいいの? 音響とか?

西井:音響めっちゃいい!

東:あと両サイドのモニターがいい!

西井:あれって私たちの顔も映ってた?

――バッチリ映ってましたよ。

西井:うそ!? 誰か動画撮ってないかな~。見たい!

東:見たいね! 私、超セクシーな顔したもん。してたでしょ?

――え、ええ。セクシーでしたね。

東:でしょ!? ピンポーン! ハハッ。

西井:私、音程外さないように必死だった~。

東:あたしさ、前髪かきあげたもん、よく前髪長い人がそうやるじゃん。でも、前髪短いのにやっちゃった。

西井:そんなことやってたの? ヤバイヤバイ。

東:だからみんなを惑わせたでしょ(笑)。でも、それは今回だけ! もうやらないよ。

西井:でも、それちゃんと色気あったのかなあ(笑)。

――そしてもう一曲の「たまごかけごはん」はどうでした?

西井:ああ「TKG」ね。

東:すごかったよ。バーン!って感じで。やっているうちに(Tシャツを)脱ぎたーい! 投げたーい!って開放的な気持ちになったね。思いをそのままぶつけた感じ。

西井:確かに。あれお客さんって何人くらいいたの?

――最大1000人収容らしいですね。

西井:うちらのとき結構パンパンだったじゃん? 900人くらいいたってことだよね。900対2だよ。900のおじさん(編集部注。女性もたくさんいました)と2の少女だよ! やばくない!? そんなにたくさんの人に見られていたんだ。

東:たしかに2人ってすごいよね。2人だと片方が失敗すると駄目なんですよ。だからリスクもデカいよ。

――2人で完結するんだもんね。

東:ホントそれ。

西井:1人欠けたらもうライブがやばいよね。

東:寸劇パートもね。でも今回は寸劇の持ち時間が2分しかなかったの。これでちゃんと寸劇を作れたら私たち絶対イケるなと思ったよね。

西井:しかもさ、ステージに出る前にさ、ナレーションで「寸劇がどうたらこうたら」って言ってたじゃん。

東:そうそう! 言うなよ~!って思った。

西井:やらねーよ!って思いながらね。

東:スンゲキヤラネーヨ!ってカタコトで言おうとしちゃったもん(笑)。

西井:ニフンジャデキナイヨ!

東:ヨケイナコトイウナヨ!って(笑)。

――アップアップガールズ(仮)さんとの対決ですが、アプガさんはぶっちゃけどうですか?

東:いや、私たちアクガ、いやアプン? あれ何でしたっけ? 名前も覚えてない。

西井:だって、うちらダウンタウンガールズって呼んでるからね。

東:確かに~!(笑) アップとかじゃないよね。あの子たちはダウンだよ。

西井:でも、割とガチでアプガさんと仲いいよ。

東:番組で一緒になったしね。あと、あの子らの衣装ってキラキラ光るラメラメが付いているんだけど、それを鏡代わりにして化粧直しさせてもらっているの。「あ、ちょっとごめん、貸してー」って(笑)。だから鏡と人間の仲かな。

西井:そう。結構ねえ、深い仲なんだよね。

東:アプガはあたしらの手持ち鏡だね!

――手持ちできないけど(笑)。

東:確かに(笑)。っていうか、うちら最低!

西井:最低だわ(笑)。

――そのまま書いて大丈夫?

東:ハハッ! もちろんいいよ!(笑)

西井:本気で仲いいからね。

東:会うとイエーイ!ってね。

西井:そう、すれ違ったら必ずイエーイ!ってやるよね。

――ちなみに、つりビットの安藤咲桜さんが「最近生うどんさんにハマっていてずっと動画を見ているんです」って言ってましたよ。

東:えー! うれしい! つりビット知ってる~!

西井:知ってるー! 釣り堀アイドルだよね。

東:「あなたの心臓釣っちゃうぞ!」みたいなやつでしょ?

西井:違うよ。

東:好きって言われるとうれしいよね!

――そのくらい今キテるってことですよね。実感はありますか?

西井:いやいや~全然キテないよ。

東:どうかなあ。

西井:でも、今まではライブばかりで、土日ライブ、平日もライブって感じだったんだけど、最近は深夜番組とか地上波のテレビに出させてもらっているよね。

東:そうそう。テレビ収録、ラジオ、ライブみたいなバランスで。

西井:うん、ライブの頻度は最初のころに比べたら結構減っているよね?

東:うん、減ってる!

西井:最初は3日間連続ライブとか平気であったしね。

東:そう! 集客のために死にもの狂いだよね。

西井:それくらいライブばっかりやってた。今もまあまあやってるけどね。

東:いろいろ増えてうれしいけど、テレビはやっぱり難しいし、テレビって容赦ないのよ。面白いか面白くないかだけだから。頑張らなきゃ。

西井:いっぱい使われるようになりたいね。

――ちなみに、2人にとって真夏の神曲と言えば何?

西井:私、サザンオールスターズの「MANATSU」が好き!

東:「MANATSU」なんて曲あったっけ?

西井:間違えた!「TSUNAMI」だ!

東:全然違うし(笑)。私はaikoの「花火」! 絶対それ! すっごいいい曲だから! 名曲名曲! CD3枚くらい買った方がいいよ! 買わないやつはクズ!(笑)

――ありがとうございました。最後にもっとファンを増やすために、セクシーにアピールしておきますか! ファンを言葉責めするような感じで。

西井:えっどういうこと?(笑) 

東:ねえ分かった。これ、絶対このお兄さんが個人的に聞きたいだけだよ!

西井:ははーん、自分が言ってほしいのか(笑)。

東:言葉責めしてほしいの?

西井:マジ?(笑) やばーい!

東:しょうがないなあ。じゃあ「溶けたかき氷はビチャビチャ!」で(笑)。

西井:あなたもビチャビチャ!(笑)

東:かき氷と一緒にビチャビチャ!

――わけわかんねーし! でも、ごちそうさまでした。

東&西井:あとはうまく書いといてください(笑)。以上、私たち~生ハムと焼うどんでした。

チャリーン!

最終更新:9/1(木) 16:17

Smartザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ザテレビジョン

株式会社KADOKAWA

2016年49号
12月7日

特別定価:350円

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。