ここから本文です

食事制限はたった2日! 話題の「5:2ダイエット」

R25 9/1(木) 7:00配信

食事制限はたった2日! 話題の「5:2ダイエット」

写真:R25 食事制限はたった2日! 話題の「5:2ダイエット」 より

ダイエットといえば、目標達成までは毎日厳しい食事制限が必要なイメージが強いはず。しかし最近話題の「5:2ダイエット」なら、普段の食事内容をほとんど変えることなく、自然と食事量と体重を減らすことができるという。「5:2ダイエット」の詳細について、ダイエットエキスパートの和田清香さんに聞いた。

■■今回のアドバイザー
ダイエットエキスパート
和田清香さん

300種類以上のダイエット法を自身で体験し15kgの減量に成功した経験をもとに、「食事」「運動」「生活習慣」のトータルな面から、価値あるダイエット情報をテレビ、ラジオ、雑誌、WEB等で発信。現在『着圧ハイウエストレギンス入浴で脚・おなか・ヒップやせ』(主婦と生活社)が好評発売中。

■減量だけでなく高血圧や糖尿病も予防できる! 5:2ダイエット

和田さん「5:2ダイエットは、1週間のうち2日間を断食日として、残りの5日間は通常通りの食事を摂るダイエット法です。断食日といっても、まったく何も食べないわけではなく、普段よりもカロリーを抑えた食事を摂るので、仕事などに大きな影響もなく空腹によるストレスが少ないのが特徴です。数カ月のあいだ5:2ダイエットを続けることで胃が徐々に小さくなり、無理せず食事量をセーブできるようになります。また、食事量を減らすことで糖尿病や高血圧などの生活習慣病も改善できるので、40代の男性にもおすすめです」

■断食中は1日の摂取カロリーを600キロカロリーに抑え、水を多く飲む

和田さん「5:2ダイエット最大のポイントは週に2日の断食です。1週間のうちトータルで2日間の断食をしてください。日曜に断食をしたら数日は通常の食事を摂り、木曜に断食など、間を空けておこないましょう。2日連続で空腹に近い状態が続くと栄養の吸収率が上がり、余分なカロリーを蓄えてしまいます。断食は外食の予定がない平日や、休日が最適です。

断食日の食事は成人男性ならば600キロカロリー、成人女性は500キロカロリーを摂取してください。食事の際は、たまごや大豆製品、赤身肉、鶏肉などの良質なタンパク質、ほうれん草などの葉物野菜と柑橘系の果物、オイルフリーのナッツ類で規定のカロリー分を摂取しましょう(※通常の1日摂取カロリーの目安は成人男性で2400キロカロリー)。

また、春雨やキャベツなどの低GI食品は血糖値の上昇をゆるやかにして、肥満を防ぐ効果があるので積極的に摂りましょう。断食中は水分を多く摂るのが必須条件です。ミネラルウォーターのほかにも、コーヒーや紅茶に含まれるカフェインには食欲抑制効果があるので、ぜひ活用してください」

■“通常の食事”といっても油断は禁物! 短期間で減量するなら普段の食事にも注意を

和田さん「5:2ダイエットの5日間は基本的には何を食べてもOKです。ただし、短期間でダイエットを成功させたいならばラーメンや揚げ物、お菓子などの高脂質、糖分過多な食品は避けてください。また、野菜や果物のなかでも糖分の多いイモ類やマンゴーはNGです」

■最後にアドバイザーからひと言

「ストレスなく続けられ、太りにくい体質になるのが5:2ダイエット最大の特徴です。食生活にメリハリができ、自己管理ができるようになるはずですよ」

記事提供 / 素晴らしきオトナたちへ。モテるオトナの悦びを。[editeur エディトゥール]
(R25編集部)

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびR25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

最終更新:9/1(木) 7:00

R25

記事提供社からのご案内(外部サイト)

R25[アールニジュウゴ]

リクルートホールディングス

特別号は随時発行。編集部の
お知らせなどで告知予定

0円

[特集テーマ]更新中!
・会社では学べない!ビジネスマン処世術
・お得に、スマートに、マネー得々大学院
・恰好いいパパに!オトコの子育て道場

Yahoo!ニュースからのお知らせ