ここから本文です

RIP SLYMEのSUが林遣都にメロメロ 林ファンに嫉妬「ばかみたいにモテる」

エンタメOVO 9/1(木) 22:15配信

 映画『にがくてあまい』完成披露試写会舞台あいさつが1日、東京都内で行われ、出演者の川口春奈、林遣都、淵上泰史、SU(RIP SLYME)、中野英雄、石野真子と草野翔吾監督が出席した。

 小林ユミヲ氏による同名コミックを実写映画化したこの作品は、容姿端麗で野菜嫌いのキャリアウーマン・江田マキ(川口)とゲイでベジタリアンの男子校美術教師・片山渚(林)の奇妙な同居生活と、おいしい料理によって縮まっていく2人の距離と育まれる特別なきずなを描く。

 川口と林は今回が初共演で、林に対してドライなイメージを持っていたという川口は初共演をへて「ちゃんと感情があって情に厚く、私の話も親身になって聞いてくれた。優しいお兄さんでした」と気を使わずに接することができたという。イメージアップした林は「かわいらしい感じだと思っていたけど、イメージと違って大人。無言でも居心地がよかった」と撮影を振り返った。

 林はまったくできないという料理を練習して撮影に臨み、料理シーンは吹き替えなしで演じきった。ゲイに関する部分では初恋の相手である淵上とのシーンについて「唯一“そういう描写”があるのですが、淵上さんがテスト前の段取りのところからマックスで来るから驚きました。あまりにも想像以上で…」と明かし、淵上は「思いっ切りやりました」と不敵に笑った。

 また、ビーンズバーのゲイのマスターを演じたSUは冒頭のあいさつから「まだ役が抜けていなくて、遣都くんの顔を見るとドキドキしちゃう。(会場の)女の子たちがみんな遣都くんを見ているからジェラっています」と嫉妬心を露わに。勉強のために林とそろって新宿二丁目を訪れたそうで、「ばかみたいにモテるから…。格好良すぎるよね」と林のモテぶりを自慢気に語っていた。

 映画は9月10日からTOHOシネマズ新宿ほか全国ロードショー。

最終更新:9/2(金) 18:22

エンタメOVO

記事提供社からのご案内(外部サイト)

エンタメOVO

(株)共同通信社

エンタメ界で活躍する旬のスターが続々登場。
読み応えのある記事&すてきな写真が満載!
今の時代にぴったりのエンタメサイト!