ここから本文です

美智子さま、軽井沢でご静養も"超過密スケジュール"の日々「歴史的に見ても独特」

週刊女性PRIME 9/1(木) 16:42配信

 明治から大正、大正から昭和と代替わりすると、前の代ではなかったことが起きる例を日本政治思想史が専門の放送大学教授・原武史さんが説明する。

「明治時代は天皇と皇后が御用邸でずっと休んでいるというのはありえませんでした。ところが、大正天皇は体調の問題もあったのですが、皇后とともに御用邸に何か月も滞在するように……」

 昭和から平成になっても、天皇と皇后の静養は続いているが、現在の両陛下のお休みのスタイルはどの時代にもない独特なものかもしれない。

「天皇・皇后両陛下は、8月20日から長野県入りして、陛下の『おことば』発表から初めてのご静養となりました。

 26日まで軽井沢町で過ごし27日からは群馬県草津町に移られ、例年より長い11日間の夏休みとなりました」(宮内庁担当記者)

 軽井沢は、美智子さまが約60年前に「軽井沢会テニスコート」の試合で陛下と運命的な出会いを果たす前から縁のある土地で、何度も訪問されている「思い出」の場所だ。

 しかし、美智子さまは静養を“完全休養”とは思われていないようで、その日程はかなり“過密”だった─。

「20日、上田駅から長野入りした両陛下は、信州大学繊維学部を訪問し、養蚕に関する資料館を見学されました。

 23日も上田市にある、『旧常田館製糸場施設』を訪ね、繭倉庫などを熱心に見て回られました」(同・記者)

 お休み中にも、養蚕や製糸業に関連する施設を訪問される美智子さまについて、

「休養中もただ休むだけではなく、テーマを設けられているのが美智子さま流の静養の仕方だからだと思います」

 と話すのは、皇室を長年取材するジャーナリストで、文化学園大学教授の渡辺みどりさん。

「特に養蚕は、明治から歴代の皇后が大切にしてきた専門分野で、美智子さまは純国産の繭『小石丸』を温度管理にも気をつけながら大切に育てられてきました。

 そんな養蚕や生糸の関連施設が静養先近くにあれば、立ち寄りお勉強され、関係者を励ましたいお気持ちがあるのだと思います」(渡辺さん)

 公式日程以外にも、美智子さまは“休養”に専念されていたわけではなかった。

 21日の日曜日に、陛下と出会ったテニスコートに立ち寄り、15分ほど見学されていた美智子さま。

「23日に旧製糸場を視察した後、午後3時ごろから軽井沢会のコートでテニスをプレーする予定だったようですが、雨で中止になりました」(近所の住人)

 その後、午後5時ごろに美智子さまは陛下と町内の別荘地に滞在していた美智子さまの知人のもとをお訪ねに。

 翌24日も朝からあいにくの天候だったが、午後5時ごろに美智子さまがおひとりで向かわれた先は、『富士ゼロックス軽井沢倶楽部』という保養施設。

1/2ページ

最終更新:9/1(木) 16:42

週刊女性PRIME

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊女性PRIME

(株)主婦と生活社

「週刊女性」12月6日発売
号 / 毎週火曜日発売

定価390円(税込)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。