ここから本文です

1996年以来20年ぶり、セパ両リーグで野手新人王誕生の可能性

ベースボールチャンネル 9/1(木) 6:50配信

規定打席に到達した高山

 ペナントレースも残すところあと1カ月。ペナントシリーズ、クライマックスシリーズをかけた争いと共に、両リーグのタイトル争いも正念場を迎えている。今シーズン特に注目を集めているのが新人王争い。このままいけば20年ぶりに両リーグで野手の新人王が誕生する可能性が高い。(成績は8月30日試合終了時点のモノ)

 セリーグの新人王候補は以下のとおり
高山俊(阪神) 114試合 .276(416-115) 5本塁打 53打点 OPS.691
今永昇太(DeNA) 18試合 6勝8敗 110回 109奪三振 29四球 防御率2.95
戸柱恭孝(DeNA) 105試合 .238(311-74) 2本塁打 19打点 OPS.546

 新人王争いの大本命は、阪神の高山だ。1番レフトで開幕スタメンを勝ち取ると、3,4月に3度の1試合4安打をマークするなど固め打ちを武器にレギュラーの座を不動のものに。シーズン中盤、一時期下位打線を打ったものの、8月中盤からは得点圏打率.379を誇る抜群の勝負強さで3番に抜擢されている。

 30日の試合で、既に球団の新人では赤星憲広以来となる規定打席(443)クリアも確定、24日のDeNA戦で自身12度目の猛打賞を記録しており、1958年に長嶋茂雄(巨人)の記録した猛打賞14度の新人記録も射程圏内としている。

 対抗は、DeNAの今永昇太か。防御率2.95と開幕から好投を続けており、K/BB3.76と投球内容にも優れる今永だが、味方打線の援護に恵まれないこともありここまで6勝止まり。6月中旬から7月終盤まで離脱していたこともあり、規定投球回数到達も厳しい状況(残り20試合で33イニング)だ。

 新人ながら93試合で先発マスクを被り、オールスターにも選出された戸柱だが、OPS.546とアワード争いをするには打撃が力不足。102試合に出場している4年目の北條史也(阪神)も新人王資格があるが、高山・今永を上回るには残り試合での大爆発が必須となる。

1/2ページ

最終更新:9/1(木) 6:50

ベースボールチャンネル

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。