ここから本文です

【自転車レース】頂上ゴールのブエルタ第11ステージでフルームが区間優勝

CYCLE SPORTS.jp 9/1(木) 8:06配信

総合首位はキンタナがキープ

第71回ブエルタ・ア・エスパーニャ(UCIワールドツアー)は、休養日明けの8月31日にカテゴリー1のペーニャ・カバルガ山頂にゴールする第11ステージを競い、英国のクリストファー・フルーム(チームスカイ)が区間優勝した。

リーダージャージのマイヨ・ロホを着たコロンビアのナイロ・キンタナ(モビスター)は、フルームと一緒にゴールし、総合首位の座を守った。しかし、ボーナスタイムでフルームに4秒詰められ、総合でのタイム差は54秒になった。


第11ステージは23選手が49km地点から逃げ続け、モビスターがコントロールする集団に5分差を付けた。しかし、ティンコフが逃げを許さず、ゴールまで残り6kmのペーニャ・カバルガのふもとに逃げが到着した時には、集団は20秒後方に迫っていた。

ペーニャ・カバルガの登坂がスタートし、逃げからベルギーのベン・ヘルマンス(BMC)したが、ゴールまで残り3kmでモビスターのルベン・フェルナンデスが引くマイヨ・ロホ集団に捕まってしまった。

ゴールまで残り1.8kmで、マイヨ・ロホ集団からエステバン・チャベス(オリカ・バイクエクスチェンジ)がアタックしたが誰も追わなかった。チャベスは後続に20秒近いタイム差を付けてフラム・ルージュを通過した。

しかし、マイヨ・ベルデを着たアレハンドロ・バルベルデ(モビスター)にアシストされたキンタナが残り700メートルでアタックし、前を走るチャベスをあっさり抜き去ってしまった。そのキンタナに付いて行けたのはフルームだけだった。

最後は終盤の個人タイムトライアルに備えて、できる限りタイム差を広げておきたいキンタナと、逆に少しでもタイム差を縮めたいフルームの一騎打ちになった。そしてフルームがゴール前でスパートして区間優勝し、ボーナスタイムでわずかなタイム差を勝ち取ることができた。

奇しくもペーニャ・カバルガは、5年前の2011年にフルームがグラン・ツールで初めて区間優勝した思い出の場所だった。「ここには特別な思い出を持っているので、信じられないような気分だ。キンタナは今の時点で本当に強い。できれば彼との僅差をキープしたい」と、総合2位になったフルームは語っている。

■第11ステージ結果[8月31日/コルンガ(ムセオ・フラシコ)~ペーニャ・カバルガ/168.6km]
1 クリストファー・フルーム(チームスカイ/英国)3時間44分47秒
2 ナイロ・キンタナ(モビスター/コロンビア)
3 アレハンドロ・バルベルデ(モビスター/スペイン)+6秒
4 レオポルト・ケーニック(チームスカイ/チェコ)+6秒
5 アルベルト・コンタドール(ティンコフ/スペイン)+8秒
6 サイモン・イエーツ(オリカ・バイクエクスチェンジ/英国)+13秒
7 ミケーレ・スカルポーニ(アスタナ/イタリア)+14秒
8 エステバン・チャベス(オリカ・バイクエクスチェンジ/コロンビア)+19秒
9 ピエールロジェ・ラトゥール(AG2R・ラモンディアル/フランス)+22秒
10 サムエル・サンチェス(BMC/スペイン)+30秒
72 別府史之(トレック・セガフレード/日本)+5分55秒
75 新城幸也(ランプレ・メリダ/日本)+6分01秒
■第11ステージまでの総合成績
1 ナイロ・キンタナ(モビスター/コロンビア)42時間21分48秒
2 クリストファー・フルーム(チームスカイ/英国)+54秒
3 アレハンドロ・バルベルデ(モビスター/スペイン)+1分05秒
4 エステバン・チャベス(オリカ・バイクエクスチェンジ/コロンビア)+2分34秒
5 アルベルト・コンタドール(ティンコフ/スペイン)+3分08秒
6 レオポルト・ケーニック(チームスカイ/チェコ)+3分09秒
7 サイモン・イエーツ(オリカ・バイクエクスチェンジ/英国)+3分25秒
8 ミケーレ・スカルポーニ(アスタナ/イタリア)+3分34秒
9 ダビド・デラクルス(エティックス・クイックステップ/スペイン)+3分45秒
10 サムエル・サンチェス(BMC/スペイン)+3分56秒
90 別府史之(トレック・セガフレード/日本)+1時間21分44秒
101 新城幸也(ランプレ・メリダ/日本)+1時間28分00秒
[各賞]
■マイヨ・ベルデ:アレハンドロ・バルベルデ(モビスター/スペイン)
■マイヨ・デ・ルナレス:ナイロ・キンタナ(モビスター/コロンビア)
(第12ステージはオマール・フライレ(ディメンションデータ/スペイン)が着用)
■マイヨ・ブランコ:ナイロ・キンタナ(モビスター/コロンビア)
(第12ステージはクリストファー・フルーム(チームスカイ/英国)が着用)
■チーム成績:モビスターチーム(スペイン)
■敢闘賞:チアゴ・マシャド(カチューシャ/ポルトガル)

最終更新:9/1(木) 8:06

CYCLE SPORTS.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

CYCLE SPORTS 2017年1月号

株式会社八重洲出版

1月号
毎月20日発売

670円

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。