ここから本文です

熊本地震の危機感はどこへ?隣県女性の7割、防災手つかず

リビング福岡・北九州 9/1(木) 12:20配信

熊本で起きた震災から4カ月。『リビング福岡』の防災に関するアンケート(対象:福岡在住の女性、回答数303)によると、「地震を機に準備をした」という人はわずか1割強。「しなければと実感はしているが、具体的にはできていない」が実に7割も。誰もが“いざという時”を想像したはずなのに、あの時の危機感はどこへ?

日頃から災害に備えて準備をしていますか?アンケート結果は…

さて、「もし避難を余儀なくされた場合、どんなことが心配ですか」とたずねたところ、女性ならではの回答が上位に。[複数回答/上位抜粋]
【1位】家族とすぐに連絡がとれるか(78.5%)
【2位】女性のプライバシーの確保(73.9%)
【3位】十分な食料や生活用品の入手(73.6%)
【4位】避難先の衛生管理(61.7%)
【5位】避難先がすぐに見つかるか(58.1%)

他にも「生理用品や下着など女性に必要な物が支給されるか」「女性や子どもへの犯罪の増加」、20~30代を中心に「子どもを連れて無事避難できるか」、60代以上を中心に「高齢者や病人が無事避難できるか」、ペットがいる人は「ペットと一緒に避難できるか」といった心配も。

「世話をしてくださる方は男性が多く、女性や子どもの物を申し出にくい、気づかれにくいと聞きます。ぜひ女性の視点も取り入れていただきたい(ごんてつ・42)」。

安心で安全な避難には、女性たちの声が活かされることが不可欠。一方で、自分でも準備しておけることは少なくないはず。いつ、どこで起こるか分からないこその備え。心配なことへの対策を、このタイミングで調べておきませんか。

最終更新:9/1(木) 12:20

リビング福岡・北九州

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。