ここから本文です

厭らしい話、儲けてます! 「世界で最も稼いだモデル」ベスト10

MEN’S+ 9/1(木) 23:40配信

1位ジゼルの年収は、ヤンキースのマー君よりも約5億超!

 このランキングは2015年6月から2016年6月までの収入に対し、税引き前の総収入額を集計。そして順位付けしたものになります。

 1位は、またしてもジゼル・ブンチェン。彼女は2002年に始まり、なんと14年間連続で1位に輝いているのでした。モデルでの収入に加えて、自らのランジェリー・ブランドで得た収入が乗っかり、総収入額を押し上げているのでしょう。しかしながら、彼女のパートナーであるNFLのトム・ブレディの2016年総収入は約47億2000万円です。なんという夫婦なのでしょうか…。

 目立った動きとしては、ケンダル・ジェンナーは昨年の16位から大きくアップし、見事3位にランクインしています。昨年の16位から大躍進した。彼女の武器は、インスタグラムのフォロワーが約6500万人などモンスター級のインフルエンサーであること。この魅力に多くのブランドが集まってきたようです。

 その他としては、やはりジジ・ハディッドの初ランクインにして5位というのが目立っていますね。最近の活躍ぶりを見れば、当然のことかと思います。 
 
 しかし、いつの時代もトップランクのモデルというのは、想像を絶する収入を得ているのですね。ちなみに「世界で最も稼ぐスポーツ選手」の1位はクリスティアーノ・ロナウド、総年収94億円です。日本人でランクインしている選手はというと、29位に錦織 圭選手で総収入約35億8000万円で、ジゼルよりも上でした。さらに、日本の選手の2番目はニューヨーク・ヤンキースの田中将大選手で総収入約24億6000万円でした。

【「世界で最も稼いだモデル」の顔ぶれ一覧画像】

メンズ・プラス編集部

最終更新:9/1(木) 23:40

MEN’S+

記事提供社からのご案内(外部サイト)

メンズクラブ

ハースト婦人画報社

2014年12月号
2014年10月24日発売

特別定価:810円

『メンズクラブ』は35歳中心の男性に向け、
リアルに使えて本当に似合う情報を
男性文化の薀蓄をもって提案する
使えるラグジュアリー読本です!

なぜ今? 首相主導の働き方改革