ここから本文です

法律のプロが教える「問題発見力」の磨き方

PHP Online 衆知(THE21) 9/1(木) 17:10配信

「何が問題か」よりも「なぜ問題か」を意識しよう

本質的な問題と違う部分に時間を費やしてしまった、という経験がある人は多いのではないか。思考の最初の段階となるのが、「何を考えるのか」つまり「問題点」を見誤らないことだ。常に論点を鋭く見極める法律の専門家、伊藤真弁護士に、そのための方法論をうかがった。《取材・構成=川端隆人》

「ものさし」がなければ何も測れない

思考の最初のプロセスである問題発見。そこで、問題の本質を見誤ってしまい、本当に解決すべき問題を発見できない――そんな悩みがあるとしたら、まずは「問題とは何か」に立ち戻って考えてみるべきです。
問題とは、あるべき姿と現状のズレのことです。このズレを埋め、現状をあるべき姿に一致させることが、問題解決です。そう考えると、問題発見に必要なものが見えてきます。まずはあるべき姿を明確に意識しないと、問題を発見することはできません。
あるべき姿=理想を認識するということは、問題発見の「ものさし」を手に入れるということです。しかし、気をつけなくてはいけないのは、ものさしが自分だけの尺度であってはいけない、ということ。
たとえば、「店舗は外部の人の目に触れない場所も美しく整理整頓されているべき」というあるべき姿をものさしにして、「最近バックヤードが散らかっている」という現状を問題だと「発見」したとします。しかし、他の人からは「それのどこが問題なの?」「バックヤードの美観なんてどうでもいいだろう」と言われてしまうこともあります。
つまり、自分でいくらあるべき姿=理想を認識したつもりでも、ともに仕事をするチームのメンバーと共有できていなくては、一人よがりのものさしにすぎません。自分ではチームとして、会社としての問題だと思っていることが、実は個人的な思い入れの問題にすぎないことがあるのです。これでは、いくら問題を発見しても誰も解決のために協力してはくれません。
あるべき姿は、一緒に仕事をする人たちと共有されたものでなくてはいけないのです。
そこで、企業のミッション、バリュー、ビジョンなどにさかのぼって、みんなで共有できるものさし=あるべき姿を見つける必要があります。売上第一なのか、安全第一なのか、といった行動基準も手がかりになるでしょう。
よく、「自分は問題を正しく把握しているのだが、上司の認識がズレていて……」「問題を発見しても、周囲が解決に協力してくれない」と言う人がいます。そういう人は、問題発見のものさしを相手と共有できているか、つまり自分の仕事のあるべき姿をチーム内、社内、取引先などと共有できているかを振り返ってみてください。

1/3ページ

最終更新:9/1(木) 17:24

PHP Online 衆知(THE21)

記事提供社からのご案内(外部サイト)

THE21

PHP研究所

2016年12月号
2016年11月10日発売

630円(税込)

【総力特集:今より1時間早く仕事が終わる働き方】残業をせずに高い成果を出すには?ハイパフォーマンスを出しているビジネスマンや会社からヒントを学ぶ。