ここから本文です

ふたりの関係を改善するのに必要なのは「テレビを一緒に見ること」なのかもしれない

ライフハッカー[日本版] 9/1(木) 19:10配信

パートナーと一緒にTVを見るということは、あまりワクワクすることにも、ロマンチックなことにも聞こえないかもしれません。しかし、2人の交友関係があまり重ならない場合は、関係を長続きさせる秘訣になるかもしれないのです。

学術誌の『Journal of Social and Personal Relationships』に掲載された論文によると、2人で同じTV番組を見たり、同じ本を読んだり、普段から映画に行くようにすることは、2人が同じ社会的集団に属していると感じさせる効果があるのだそうです。研究グループは、共通の友人がいたり、同じ友人のグループの中に2人が所属している場合、お互いのつながりをより強く感じやすくなることを発見しました。2人の社会的なつながりにあまり共通点がない場合でも、TV番組、本、映画やその他「メディアの経験を共有すること」が、2人の間の溝を埋めるのに役立つのだそうです。

普段からこのようなアクティビティーを共有することで、一緒に見ているTVや本に登場しているキャラクターが共通の友人グループの一部のように思え、お互いの距離がより近くなるのです。もしパートナーが同じ社会的な集団に属していなくても、問題ありません。同じTV番組を一緒に見たり、同じ本を読んで語り合うなどして、共通の友人がいるような気分になりましょう。


Let's stay home and watch TV: The benefits of shared media use for close relationships | Journal of Social and Personal Relationships via Science of Us
Patrick Allan(原文/訳:コニャック)
Photo by chispita_666.

最終更新:9/1(木) 19:10

ライフハッカー[日本版]

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ライフハッカー[日本版]

株式会社メディアジーン

毎日更新中

最新ITサービス使いこなしガイド
ビジネス向けガジェット/ツール紹介
いま使える節約マネーハック術
モチベーションを上げるマインドハック

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。