ここから本文です

「旅打ち」の最後は名古屋競馬場。きしめんで腹ごしらえして好発進

webスポルティーバ 9/1(木) 11:38配信

「夏競馬」珍道中~西日本編(12)

 西日本を行く「旅打ち」は、笠松競馬、小倉競馬、佐賀競馬、四日市競輪とめぐって、次でついに5カ所目となる。その舞台は、名古屋競馬場だ。

【写真】小倉競馬場の女性専用カフェ『馬日和』。イケメンのお兄さんが接客してくれる

 ここまでの収支は、「5万円」という予算をすでに結構オーバーしている。移動や宿泊などの旅費は何とか予算内で納まっているだけに、問題は馬券と車券の成績だ。最後の名古屋では是が非でも取り返して、東京までは新幹線のグリーン車にでも乗って優雅に帰りたい。

 だいたい、夏の猛暑の中での過酷な移動と、神経をすり減らす勝負の日々は、ワシの体力を相当奪っている。今やホテルに帰った瞬間、仕事をする気力もなく、ベッドに崩れ落ちていく。こんな状態で、東京まで“鈍行列車”で帰るなんて、考えただけでも頭がクラクラしてくる……。

 名古屋競馬場には、名古屋駅からあおなみ線に乗って「名古屋競馬場前」駅で下車。そこから、徒歩3分ほどで競馬場に着く。

 名古屋競馬場は、競馬に詳しくない人からは中京競馬場とよく混同されることがあるが、中京はJRA(日本中央競馬会)でまったくの別もの。名古屋は地方競馬で、岐阜の笠松競馬とほぼ週替わりで開催されている。南関東の4競馬場(川崎、大井、浦和、船橋)と同じように、名古屋と笠松も馬や騎手が相互に交流を行なっている。

 それにしても、今日も暑い。キャリーバッグを引いて歩く、駅から競馬場までの3分の道のりが10分以上に感じられる。よほどつらそうに見えたのか、競馬新聞の売店のおばちゃんが、「今日はこの夏、一番の暑さになるみたいだね」と声をかけてきた。

 この旅、何度目の「この夏、一番の暑さ」なのか……。その言葉を聞いただけで、ぐったりする。ワシは「この夏……」のコレクターちゃうわ!

 こんなときは、やはりエアコンの効いた特別観覧席に限る。負けていても、いや負けているからこそ、予想の環境は快適にしておきたい。

 入場門をくぐって、早速特別席売り場へと向かった。そこで、愕然とした。売り場の壁に、こんな張り紙があったのだ。

「あおなみ線の往復きっぷをご利用のお客様、特別席無料」

 マ・ジ・か!? 今どき地下鉄とか、近距離の電車に乗るなら全国で利用できるICカードを使うでしょ(所持金も減っているし……)。先に教えてくれれば、きっぷを買って来たのにぃ……(涙)。

 2種類ある特別席は、2階グリーンホールが500円で、4階特別観覧席が700円。金額にすれば、ひとレースにつぎ込む額より少ないのだから、大したショックではないのだが、身も心も疲弊し切った今、これがものすごく損をしたように思えたのだ。

 その様子を見て不憫に思ったのか、競馬場案内のおねえさんが「実は最近、『プレミアムラウンジ』という新しい席がオープンしたんですよ」と、教えてくれた。

1/2ページ

最終更新:9/1(木) 11:38

webスポルティーバ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Sportiva

集英社

Sportivaムック
11月10日発売

定価 本体1,389円+税

フィギュアスケート特集
『羽生結弦 未来を創る人』
■羽生結弦 インタビュー、エッセイ
■羽生結弦 フォトギャラリー