ここから本文です

セレーナ・ゴメス、全身性エリテマトーデス治療のために活動休止へ。

VOGUE JAPAN 2016/9/1(木) 22:00配信

セレーナ・ゴメス(23)が全身性エリテマトーデス治療のために活動を一時休止するようだ。ループスとも呼ばれる自己免疫疾患の一種であるこの病気によって不安や気分の落ち込みなどに悩まされていると明かしたセレーナは、ピープル誌のインタビューに対し芸能活動を休止することを明かした。「多くの人が知っているように約1年前、私はいろんな形で人々に影響を与えるループスを患っていることを明かしたわ。ループスの影響で不安、パニック、気分の落ち込みなどの症状が出ることが分かったの。その症状がそれぞれさらなる問題を引き起こすこともあるわけ」。

小悪魔的魅力を放つ、セレーナ・ゴメスのフォトギャラリー。

2015年作の自身のアルバム『リバイバル』のツアーなどで忙しい日々を過ごしてきたセレーナだが、自身の症状を改善するためにも一時活動を休止して健康管理に重点を置くという。「今後のことを考えて、健康と幸福感の管理に力を入れたいの。だから、活動を一時的に休止するのが一番いい方法だって思ったのよ。みんなの応援に感謝しているわ。みんなが私にとってどれほど特別な存在であるかは知っているはずよ。でも最高の自分であるために出来ることは全て取り組んでいかなくてはならないの。このことをみんなと共有することで私は1人じゃないって思うことができるわ。そしてみんなにも自分が抱えている問題を解決することを促せたらと願っているわ」。

今年5月、セレーナ・ゴメスは「リバイバル」ツアーからの収益を全身性エリテマトーデスの研究に寄付すると発表していた。

Text by Bangshowbiz

最終更新:2016/9/1(木) 22:00

VOGUE JAPAN

記事提供社からのご案内(外部サイト)

【VOGUE JAPAN】

コンデナスト・ジャパン

2017年3月号
2017年1月28日発売

700円(税込み)

ヴォーグ流「イージーエレガンス」を伝授!
別冊付録は大好評「2017S/S Bag & Shoesカラー図鑑」