ここから本文です

異性と心が入れ替わる高校生の運命に、アニメ界気鋭の才能が凝縮!『君の名は。』 [FRaU]

講談社 JOSEISHI.NET 9/1(木) 18:00配信

日本のアニメーション界で、いま勢いのある監督といえば、この人、新海誠です。その新作『君の名は。』は、彼の過去の作品でも大きなテーマとなった「すれ違い」の切なさが、究極レベルに達する仕上がりになりました。

東京のド真ん中で暮らす男子高校生の瀧(たき)と、自然豊かな田舎町の女子高校生、三葉(みつは)が、夢の中で心が入れ替わり、たがいの生活を経験するという、ちょっぴりSFテイストな物語。とはいえ作品のノリは、みずみずしい青春ストーリーで、性が変わることでのとまどいや違和感が等身大のエピソードで描かれ、誰もが入り込みやすい展開です。瀧のアルバイト先の先輩(女性)に、三葉の心になった瀧が憧れるなど、ちょっぴり複雑でドキドキな設定も!

新海監督作品の魅力といえば、木漏れ日や雨など繊細な映像表現で、今回も、そよぐ風が登場人物の心情を伝えていたりと、観る人それぞれの「発見」も多い一作です。映像と音楽の一体感も、観る側の心地よさを増幅させます。そして驚くのは、後半の意外な展開。「ええっ、そうだったの!?」と多くの人が予想できなかった方向に物語が動きだし、ラストまで一気の流れに身を任せてください。

『君の名は。』

最終更新:9/1(木) 18:00

講談社 JOSEISHI.NET

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。