ここから本文です

『FFXV』『ワールドオブFF』が試遊可能!「東京ゲームショウ2016」特設サイトがオープン!!【ざっくりゲームニュース】

おたぽる 9/1(木) 16:01配信

――毎日発表されたゲーム関連情報の中から、注目のネタをまとめてピックアップ。ざっくりわかるゲームニュース!

 株式会社スクウェア・エニックスは、9月15日から18日に幕張メッセで開催される「東京ゲームショウ2016」に関して、特設サイトを公開した。現在、こちらのサイトには出展タイトルのラインナップと、開催期間中に行われるイベントのライブ配信スケジュールが掲載されており、今後は会場のブースマップなども更新されていくようだ。ここからは、気になる出展タイトルを見ていくことにしよう。まず、『ファイナルファンタジーXV』や『キングダム ハーツ HD 2.8 ファイナルチャプタープロローグ』、『ワールド オブ ファイナルファンタジー』といった超ビッグタイトル。これらはいずれもプレイアブル出展されるとのことで、いち早く体験したいという人はぜひとも会場に足を運んでみよう。ほかにも『ニーア オートマタ』、『サガ スカーレット グレイス』といったシリーズ最新作や、『デウスエクス マンカインド・ディバイデッド』 、『ライズ オブ ザ トゥームレイダー』といった海外ゲームの国内版など、多数の注目作が並んでいる。そんななか、本日の記事では完全新規タイトルである『アカシックリコード』を取り上げたい。

 8月30日に公式サイト及び公式Twitterアカウント(@akareco_PR)をオープンしたばかりの『アカシック リコード』。本作はiOS/Andorid向けアプリゲームで、公式サイトは学生風の格好をした男女のキャラクターイラストと、「此処で、キミの想像は創造となる――。」というキャッチコピー、そして”Re”の文字が強調されたタイトルロゴで構成されている。具体的にどのようなゲームなのかは現在ベールに包まれているものの、サイトの背景イラストには巨大な書架と散らばった書物が描かれており、公式Twitterアカウントのプロフィールにも現在地を設定する項目に「悪魔の書架」と書かれていることから、書架や書物が本作において重要な役割を持っていることが推測できる。ちなみに「アカシックリコード」(より一般的な表記は「アカシックレコード」)とは、過去から未来までの宇宙の事象すべてが記録されているという概念を意味する神智学用語であり、本作の世界観の壮大さにも期待が持てそうだ。「東京ゲームショウ2016」では17日に本作のスペシャル生放送が予定されており、それに先駆け12日に新情報が公開される模様。注目の新規タイトルとして、続報を待つことにしよう。

 次に、任天堂株式会社は本日9月1日の23時より、プレゼンテーション番組「Nintendo 3DS Direct」を放送することを発表した。今回の放送では、年内に発売予定の3DSソフトの情報を中心に、広報室の森本氏が“直接”紹介していくとのこと。今年3月4日に放送して以来、約半年ぶりの放送となるため、待ち望んでいたユーザーも多いことだろう。しかしながら今回紹介されるのは3DSタイトルのみのようで、特設サイトには但し書きで「※次世代機NX(開発コード名)やスマートフォン向けアプリに関する新しい情報は含まれておりません」とまであり、少々肩透かしを食らったゲームファンも多い様子。Twitterでは「NXどうなってるの」「ポケモンあるかな?」「FE新作頼むよ」「ところでWiiUは?」といった様々な反応が見受けられるが……。一体何が発表されるのか、放送を楽しみに待とう。

■今回紹介したゲーム情報関連の公式サイト・参考サイトは以下より
・「東京ゲームショウ2016 | SQUARE ENIX」特設サイト
http://www.jp.square-enix.com/tgs16/
・「アカシックリコード」公式サイト
http://akareco.jp/
・「Nintendo 3DS Direct」特設サイト
https://www.nintendo.co.jp/nintendo_direct/20160901/

最終更新:9/1(木) 16:01

おたぽる

Yahoo!ニュースからのお知らせ