ここから本文です

武藤、最終予選は“結果”にこだわる「ゴールへの貪欲さはこれ以上ないくらいある」

フットボールチャンネル 9/1(木) 6:52配信

 日本代表は31日、ロシアW杯アジア最終予選・UAE戦の前日練習を行った。

 前回のW杯予選はテレビで観戦していた武藤嘉紀。ブラジル行きを決めたオーストラリア戦での本田圭佑のPKが「印象に残っている」という。自身初となる最終予選を迎えるが「小さい頃からの夢であるW杯出場を果たすためにも、ここからしっかりと結果を残し続けて、最終的にメンバーにも入っていきたい」と語る。そして「自分自身、W杯出場に貢献できたと思えるような結果を見せていきたい」と続けた。

【動画】何度みても美しい 中村俊輔の“魔法の左足” 世界4位に認定

 ドルトムントとの開幕戦では早速ゴールを挙げた。いいイメージも残っているはずで、「日本の勝利に貢献できたと思えるようなプレーや結果を出せればベストかなと思う」と意欲を口にした。

 FC東京時代からストライカーらしさは備わっていたが、「ゴールに対する貪欲さっていうのはやっぱりこれ以上ないくらいにある。そこは代表でも出していければ」と、結果への飢餓感はさらに大きくなっている。だが、フォアザチームの気持ちも忘れていない。

「チームが勝つことが第一で、チームが勝つうえで自分のゴールもついてくれば最高かなと思う」

 初戦をしっかり勝利で飾るためには先制点を挙げることが必要だろう。武藤は「とにかく内容うんぬんよりこの予選は結果だけを求めて。勝てばどんどん流れにも乗れると思うので、勝つために、勝つためのプレーをしたい 」と、あくまで勝ち点3を目指して戦うという。

 アタッカー陣は激戦区であり、武藤がスタメンに名を連ねるかは不透明。それでも、結果へのこだわりを口にするこの男の力が必要な場面はきっと来るだろう。

(取材:元川悦子)

フットボールチャンネル

最終更新:9/1(木) 7:06

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)