ここから本文です

FlowBack、歩かず観れる“歩きスマホ”新MV公開 デビューまでの3年間を体験できる映像に

リアルサウンド 9/1(木) 12:12配信

 FlowBackが9月7日にリリースするメジャーデビューシングル『Come A Long Way』の表題曲の歩きスマホMV(歩かなくても観れるVer)を公開した。

 同MVは、“デビューに至るまでの約3年間の道のりと、これから始まる新たなシーンへの歩みをデビュー曲「Come A Long Way」を通じて体験してもらおう!”というアイデアから生まれたもの。スマホのパノラマ動画機能と振動感知機能を駆使して作られた、最先端の“超・没入型ミュージックビデオ”だ。目の前でスマホを落とした女性を実際に歩きながら追いかけていく中で、失恋を追体験できるという縦型パノラマMVに仕上がっている。

 監督を務めたのはlyrical schoolの「RUN and RUN」のスマホジャックビデオを作成した監督・隈本遼平氏。テクニカルパートはFACTのインタラクティブMV「the way down」やTOYOTA「Sense of Wonder」のサイトなどを手がけているテクニカルチーム「homunculus.inc」が担当している。

リアルサウンド編集部

最終更新:9/1(木) 12:12

リアルサウンド

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。