ここから本文です

「メッシは最良の決断をしてくれた」盟友の代表続行を喜ぶマスチェラーノ

フットボールチャンネル 9/1(木) 8:30配信

 アルゼンチン代表のハビエル・マスチェラーノは、FWリオネル・メッシが代表続行を宣言したことに喜びを示した。31日、スペイン紙『マルカ』が報じている。

【動画】メッシを超えた“魔法の左足” 中村俊輔のフリーキックが世界4位に!

 9月1日にウルグアイ、6日にベネズエラとのワールドカップ予選が控えているアルゼンチン代表。会見に臨んだ、チームの要マスチェラーノは「メッシが最良の決断をしてくれた。彼が代表でのプレーをやめるなんて残念なことだろう。それは、彼にとってもだし、サッカーを愛する人たちにとってもだ」とエースの代表続行を喜んでいる。

 また、主要国際大会の決勝で3連敗中であることには「3連続でファイナルに行けたのだから、この2年は良かったのだ」と前向きに捉え、「サッカーというスポーツのいいところは、失望の度に立ち上がり、前を向けることなのだ、タイトルを勝ち獲りたいという気持ちを持ち続けているのだから、それは失敗でも、負け犬でもないのだ」と続ける。

 また、先のコパ・アメリカ・センテナリオでの敗退後に代表監督を辞任したヘラルド・マルティーノ監督について「目標を達成できなかったという以上のことがあったと思う。代表が率いるに値しないものと思っていたのだろう。サッカー以外のことで監督が去るというのは悲しいことだ」と代表を取り巻く環境の混迷ぶりを嘆いた。

 コパ・アメリカ後にはアルゼンチンサッカー界の醜態を世界にさらしてしまった。そんな状況の中、再びエースは戻ってきた。暗い話題が続く中で、最高に明るいニュースである。南米予選は現在3位、ここからアルゼンチンの逆襲が始まるか。

フットボールチャンネル

最終更新:9/1(木) 8:30

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。