ここから本文です

チェルシー、”元世界最高額DF”の復帰を発表。3年契約で移籍金は46億円超か

フットボールチャンネル 9/1(木) 10:30配信

 チェルシーが8月31日、パリ・サンジェルマン(PSG)からブラジル代表DFダビド・ルイスを獲得したことを発表した。契約期間は3年間で2019年6月までとなっている。また、英メディア『BBC』によると、チェルシーは3400万ポンド(約46億2000万円)程度を支払うことになったとのこと。

【動画】何度みても美しい 中村俊輔の“魔法の左足” 世界4位に認定

 D・ルイスは2011年1月にポルトガルのベンフィカからチェルシーに加入。チャンピオンズリーグやヨーロッパリーグなどのタイトル獲得に貢献し、2013/14シーズン終了後にPSGへと移籍した。PSGにはDFの選手としては当時世界最高額となる5000万ポンド(約67億5000万円)で売却している。

 チェルシーのオフィシャルサイトを通じてD・ルイスは「僕はいつもファンと素晴らしい関係を築いてきた。再び青いユニフォームを着てスタンフォード・ブリッジで戦う日を楽しみにしているよ」と語り、チェルシー加入を喜んでいる。

フットボールチャンネル

最終更新:9/1(木) 10:38

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Yahoo!ニュースからのお知らせ