ここから本文です

セビージャ、新加入の清武は早くも存在感。EL3連覇からサンパオリ新監督と新時代へ【欧州主要クラブ補強診断】

フットボールチャンネル 9/1(木) 10:54配信

現地時間8月31日、欧州主要リーグの移籍市場が締切を迎えた。この夏も各チームで様々な移籍があったが、それぞれ主要クラブの補強はどうだったのだろうか。今回は清武弘嗣が加入したセビージャの補強を占う。

【動画】メッシを超えた“魔法の左足” 中村俊輔のフリーキックが世界4位に!

主な移籍一覧

IN
GKサルバトーレ・シルグ(パリ・サンジェルマン/期限付き移籍)
DFガブリエル・メルカド(リーベル・プレート)
MFアティマス・クラネビッテル(アトレティコ・マドリー/期限付き移籍)
MFホアキン・コレア(サンプドリア)
MFガンソ(サンパウロ)
MF清武弘嗣(ハノーファー)
MFパブロ・サラビア(ヘタフェ)
MFフランコ・バスケス(パレルモ)
MFサミル・ナスリ(マンチェスター・シティ/期限付き移籍)
FWルシアーノ・ビエット(アトレティコ・マドリー/期限付き移籍)
FWウィサム・ベン・イェダー(トゥールーズ)

OUT
GKベト(スポルティング)
DFコケ(シャルケ)
DFディオゴ・フィゲイラス(オリンピアコス)
DFマルコ・アンドレオッリ(インテル/期限付き移籍期間満了)
DFフェデリコ・ファシオ(トッテナム/期限付き移籍期間満了)
MFグシェゴシュ・クリホビアク(パリ・サンジェルマン)
MFルイスミ(バジャドリー)
MFエベル・バネガ(インテル)
MFセバスティアン・クリストフォロ(フィオレンティーナ/期限付き移籍)
FWフアン・ムニョス(レアル・サラゴサ/期限付き移籍)
FWケビン・ガメイロ(アトレティコ・マドリー)
FWチーロ・インモービレ(ラツィオ)
FWフェルナンド・ジョレンテ(スウォンジー)
FWアントニオ・レジェス(エスパニョール)
FWイェウヘン・コノプリャンカ(シャルケ/期限付き移籍)

今シーズンの展望

 史上初のヨーロッパリーグ(EL)3連覇に導いたウナイ・エメリがパリ・サンジェルマンへ引き抜かれ、チリ代表監督としてコパ・アメリカ2015を制したホルヘ・サンパオリを新監督に迎えたセビージャ。今シーズンは新たな時代のスタートとなる。

 サンパオリはセビージャに攻撃的な姿勢を植え付けようとしている。最終ラインの枚数や中盤の形にかかわらずこの姿勢は崩さない。ゴールに向かったアタック、組織的なプレッシングなど着実にチームに根付きつつある。

 今シーズン、セビージャに加入した清武弘嗣にとって、このサンパオリの目指すスタイルは間違いなくプラスになるはずだ。清武はプレシーズンキャンプ中にハムストリングを負傷し、チームへのフィットが不安視されたが、しっかりとポジションを確保した。

 リーガエスパニョーラの開幕戦、エスパニョール戦でいきなり1ゴール1アシストの活躍。その技術とスピードがリーガでも通用することを見せつけた。サンパオリは清武を「チームのベストの選手の一人だ」と称賛。CKも任されるなど、すでに監督、チームメイトからの信頼を得ている。

 アタッカーのポジションにはマンチェスター・シティからレンタル移籍でやってきたサミル・ナスリなど人材が豊富。清武はゴール、アシストと目に見える結果を出し続ける必要がある。

 6得点を奪った開幕戦で攻撃的なセビージャの片鱗を見せた一方で、課題も抱えている。許した4失点はミスからの失点だ。清武もボールを奪われ、失点のきっかけを作ってしまった。清武は「得点とかアシストよりもミスの方が反省しなければならない。繰り返してはならない」と開幕戦後のインタビューで答えている。

 2戦目ビジャレアル戦では無失点に抑えたが、得点を挙げることができずスコアレスドローに終わった。3強に食らいつくためには“二兎を追って二兎を得る”サッカーをサンパオリが構築することが求められている。

1/2ページ

最終更新:9/1(木) 11:20

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。