ここから本文です

MICHI、1stアルバム『Sprint for the Dreams』にQ-MHz、白戸佑輔楽曲提供

リアルサウンド 9/1(木) 18:03配信

 MICHIが、9月21日にリリースする1st アルバム『Sprint for the Dreams』にQ-MHz(畑 亜貴、田代智一、黒須克彦、田淵智也)、白戸佑輔が楽曲提供していることを発表した。

 Q-MHzが楽曲提供しているのは、アルバム4曲目の「BRAVE HEART EXTRA」。“最高のモノしかいらない”という希望のメッセージが込められた、爽快なロックナンバーに仕上がっており、ベースはUNISON SQUARE GARDENの田淵智也が担当している。

 8曲目の「桃源郷カタルシス」はAKB48、欅坂46、藍井エイル、鈴木このみ、THE IDOLM@STERなどへの楽曲提供をしている白戸佑輔が作詞・作曲を担当。アコギとストリングスが特徴的なアニソンに仕上がっている。その他の楽曲は、これまでに引き続き『Elements Garden』がサウンドプロデュースを担当。

 MICHIは、アルバムの発売を記念した東名阪でのリリースイベントを開催。9月6日には収録楽曲をMICHI自らが全曲紹介し生ライブを行う『アルバム発売直前ニコ生』の放送も決定している。詳細はオフィシャルサイトにて確認することができる。

リアルサウンド編集部

最終更新:9/1(木) 18:03

リアルサウンド

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。