ここから本文です

【識者の眼】ハリルJは“王様と三銃士”に警戒せよ。オマルだけでないUAEの危険な4人を徹底分析

フットボールチャンネル 9/1(木) 11:04配信

 今日、いよいよW杯アジア最終予選が始まる。日本の初戦はUAE。アジアカップで苦杯をなめた相手だ。難敵のどこに警戒すべきなのか。フットボールチャンネル編集部ではプロスカウトも使用している映像データ会社「Wyscout」の協力のもと、複数の試合映像を特別に入手。日本代表に密着し、また各国のサッカーに精通する河治良幸記者とともに徹底分析した。(取材・文:河治良幸)

【動画】何度みても美しい 中村俊輔の“魔法の左足” 世界4位に認定

UAEで気をつけることは2つ

 最終予選の初戦で日本が相対するUAEの中心的な存在がオマル・アブドゥラフマンであることに異論の余地は無い。左利きのテクニシャンは中盤で巧みに味方からボールを引き出し、相手ディフェンスを翻弄するボールキープ、正確で意外性のある左足のパスを繰り出す。

「(UAEの選手は)ボールを持ったらまず彼を見ている」と長谷部誠キャプテンが語る通り、昨年のアジアカップ準々決勝で対戦を経験した選手たちはもちろん、今回の合宿でハリルホジッチ監督から過去の映像を見せられた選手たちも、取材の限り異口同音にオマル・アブドゥラフマンが最も警戒するべき選手であることを認める。

 ただ、気をつけなければいけないことが2つある。1つはオマル・アブドゥラフマンという選手が固定的なエリアでプレーする選手ではないこと。もう1つは“王様”であるオマルの周囲に少なくとも3人の危険な選手が存在することだ。

 メフディ・アリ監督が2012年から率いるUAEは複数のフォーメーションを用いてきた。もともと4-2-3-1がベースだったが、二次予選では主に4-4-2を採用。オマルは典型的なトップ下タイプだが、相手のマークを揺さぶる目的もあるのか、サイドハーフに配置されるケースが増えている。

 例えばアウェイのマレーシア戦では4-4-2の左サイドだったが、サウジアラビアとの最終戦は右サイドだった。もっとも、それらもスタートポジションにすぎず、流れの中でかなりフリーダムに移動する。サイドから本来のトップ下の位置に入ってくる時もあれば、自陣の深い位置まで下がり、そこから攻撃を組み立てることも少なくない。

1/3ページ

最終更新:9/1(木) 11:15

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。