ここから本文です

レアル退団のベテランDF、新天地はプレミアリーグに。ウェスト・ハムが1年契約を発表

フットボールチャンネル 9/1(木) 12:44配信

 レアル・マドリーを退団していた元スペイン代表DFアルバロ・アルベロアの新天地は、プレミアリーグとなることが決まった。ウェスト・ハムが31日に、1年契約での加入を発表している。

【動画】メッシを超えた“魔法の左足” 中村俊輔のフリーキックが世界4位に!

 2007年から2年間をリバプールで過ごしていたアルベロアにとっては、7年ぶりのイングランド復帰となる。2009年にスペインへ戻ったアルベロアは、契約満了に伴いこの夏にレアルを退団してフリーとなっていた。

 33歳のベテランDFは、ウェスト・ハム加入に際してクラブ公式テレビで次のように喜びのコメントを述べている。クラブ公式ウェブサイトが伝えた。

「ここに来て、素晴らしいリーグの素晴らしいクラブに加入することを本当に嬉しく思っている。イングランドに戻ってくることができて本当に嬉しい。僕にとって大きなチャンスだし、このチームでプレーするのを楽しみにしている」

 ウェスト・ハムを率いるスラベン・ビリッチ監督のことは、同監督と同じクロアチア出身であるレアルの元チームメートたちから聞いていたようだ。

「スラベンは、僕のことを早く練習で見てみたいと思ってくれている。ルカ・モドリッチやマテオ・コバチッチと話をしていて、彼らは監督について良いことを言っていた。だから一緒に仕事をしたいと思うし、たくさんのことを学べると期待しているよ」

フットボールチャンネル

最終更新:9/1(木) 12:58

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。