ここから本文です

エース本田が貫禄の一撃も「90分間で負けたら意味がない」 悔しさ露わに修正誓う

Football ZONE web 9/1(木) 23:02配信

W杯アジア最終予選の初陣でUAEに逆転負け 「最悪なシチュエーション」

 ワールドカップ(W杯)予選で出場7試合連続ゴールと結果を出した日本代表FW本田圭佑は、痛恨の敗戦に厳しい表情を浮かべた。1日に行われたロシアW杯アジア最終予選初戦のホームUAE戦は、前半11分に本田のゴールで先制したものの、直接FKとPKで2失点を許し逆転負けを喫した。本田は「こういう結果になったのは非常に受け入れがたい」と、悔しさを語った。

【写真一覧】欧州サッカーを彩る美女サポーター特集 あのスター選手の美人妻やガールフレンドも…

「最悪なシチュエーション。こういう結果になったのは非常に受け入れがたい」

 エースのゴールが、W杯への道を最高の形で切り開いたかに思われた。前半11分、右サイドで得たFKのチャンスでMF清武弘嗣がファーサイドにボールを上げると、相手のマークを外してフリーになった本田が頭で合わせた。ピッチに叩きつけたヘディングシュートは必死に飛びつく相手GKの手の先を抜け、ゴールに吸い込まれた。本田自身も「(試合の)入り方は悪くなかったと思う」と振り返った。

 本田はこれが昨年9月3日のW杯2次予選カンボジア戦から、ワールドカップ予選で出場7試合連続ゴール。所属のACミランでは、今季リーグ戦2試合を終えて出場なしと苦しい状況にある。試合勘の欠如も不安視され、自身も「やってみなければ分からない部分はある」と話していたが、見事な先制ゴールで日本代表にとって頼れる存在であることを証明した。4年前の6月にオマーンと対戦した前回の最終予選の初戦でも、同じ前半11分に本田のゴールで先制した日本は、無敗で最終予選を突破した。吉兆とも言える符合に、最高のスタートを切ったかに思われた。

 しかし、チームは同20分に直接FKを沈められて同点に追いつかれると、後半8分には代表初出場のMF大島僚太が献上したPKを決められて逆転を許す。残り時間、本田はゴール前に何度も顔を出し、クロスを何本もゴール前に供給して奮闘したものの、同点ゴールを奪えずに敗戦となった。本田は「90分間で負けたら意味がない。厳しい結果になった」と、自らの先制ゴールを喜ぶ素振りも見せずに語った。

1/2ページ

最終更新:9/1(木) 23:53

Football ZONE web

Yahoo!ニュースからのお知らせ