ここから本文です

本田、逆転負けは…“最悪” 「非常に受け入れがたい」。残り9戦全勝誓う

フットボールチャンネル 9/1(木) 22:03配信

【日本 1-2 UAE 2018年ロシアW杯アジア最終予選】

 日本代表は1日、ロシアワールドカップアジア最終予選でUAE代表と対戦し、1-2の逆転負けを喫した。

【動画】メッシを超えた“魔法の左足” 中村俊輔のフリーキックが世界4位に!

 前半11分に本田圭佑のゴールで先制した日本だったが、その後ハリルに2ゴールを許し、ワールドカップ出場に向けて痛すぎる黒星発進となった。

 本田はこの状況を“最悪”と表現し、「最悪のシチュエーションですよね。こんな結果になったのは非情に受け入れがたいですけど、終わってしまったことは仕方がない」と現状に危機感を表した。

 日本は6日にアウェイでタイと対戦する。6大会連続のワールドカップ出場へ絶対に負けが許されない試合だが、本田は残りの9試合での全勝を誓っている。

「しっかりと切り替えて、次にアウェイでタイ戦があるので、非情にチームとして苦しい状況になりますけどこのあと全勝にしいくくらいの気持ちでしっかり修正していきたいなと思います」

 昨年のアジアカップに続いてまたもUAEに敗れた日本。次のタイはFIFAランクで120位と大きく下回るが、UAEに敗れたように最終予選では何があるか分からない。ワールドカップ出場に向けて、勝利が求められる。

フットボールチャンネル

最終更新:9/1(木) 22:16

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。