ここから本文です

本田、UAE戦の審判団に苦言。浅野のシュートは「入っていたのが分かった」

フットボールチャンネル 9/1(木) 23:43配信

【日本 1-2 UAE 2018年ロシアW杯アジア最終予選】

 日本代表は1日、ロシアW杯アジア最終予選でUAE代表と対戦し1-2で敗れた。

【動画】伊紙が特集したミラン本田“多彩な美技”映像

 右サイドMFとして先発フル出場し、1ゴールを挙げた本田圭佑は試合後の記者会見で「期待とは真逆の結果に終わってしまったことは非常に受け入れがたい」と語り、敗戦を悔やんだ。

 同時に「この1試合ですべてが終わるわけではないことをポジティブに受け止めたい。残り9試合、すべて勝つつもりで」と次のタイ戦に気持ちを切り替えている。

 しかし、本田にとっても主審の判定は納得がいかなかった。「今からは覆らないので、あの件に関してどうこう言うつもりはない」と念を押したが、「真横にいたので入っていたのが分かった」と77分に浅野拓磨のゴールが認められなかったシーンの判定に苦言を呈した。

「第4の審判はなぜいないのか。僕は第4の審判をすぐ探したんですけど、ラインズマンしかいなくて、そこにひとつ疑問を感じた。もちろんそれ抜きで勝たないといけない試合なので言い訳をするつもりはないですけど、やはりアジア最終予選でどこのチームも強くなってきている中、簡単にいかない試合がこの先もある」

 本田は審判団の姿勢に言及しながらも、勝たなければいけない試合を落としたチームに喝を入れた。先制してからもリスクをとって追加点を狙う戦い方で失敗し、大事な初戦を落としてしまった日本代表。6日のタイ戦までの短期間でゲームプランの見直しとUAE戦で出た課題の修正が求められる。

(取材:植田路生)

フットボールチャンネル

最終更新:9/1(木) 23:56

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Yahoo!ニュースからのお知らせ