ここから本文です

【UAE戦|予想布陣&プレビュー最新版】長谷部のパートナーに代表デビューの大島を抜擢!

SOCCER DIGEST Web 9/1(木) 6:00配信

ボランチは長谷部、大島のコンビ。清武も強行出場。

 ロシア・ワールドカップ出場を賭けたアジア最終予選が、いよいよスタートする。日本は9月1日にまずはホームでUAE戦を迎え、同6日にアウェーでタイと対戦する。
 
 初戦の重要性は、改めて記すまでもない。ここで躓くようであれば、ただでさえ厳しいアジアでの戦いがより一層難しくなってしまう。
 
 準備期間の短さをヴァイッド・ハリルホジッチ監督は嘆くが、UAE戦を控える日本代表は、万全と言える状態でないのは間違いない。
 
 まず、不動の左SBである長友佑都が、怪我で今回の9月シリーズは参戦できない。もっとも、この点は左右をこなせる酒井高徳を起用することで、戦力ダウンは最小限に抑えることができる。守備陣を見ていくと、GKは2次予選で着実に経験を積んだ西川周作、4バックは右から酒井宏樹、吉田麻也、森重真人、そして酒井高と、計算できる顔ぶれが並びそうだ。
 
 最大の懸念材料は、2ボランチだ。代表通算100試合出場まであと1試合の長谷部誠は、精神的支柱としても外すことはできない。

 問題はそのパートナーである。当初は、非凡な攻撃センスを備える柏木陽介が有力視されていたが、UAEとの前日練習では左股関節に違和感を覚え、別メニュー調整に。おそらく、UAE戦はベンチで見守ることになるだろう。
 
 候補者は3人。ハリルホジッチ監督からそのボール奪取能力を高く評価されている山口蛍と、リオ五輪組の遠藤航、大島僚太だ。“柏木タイプ”で考えれば、パスセンスに秀でる大島となるが、ポテンシャルを秘めているとはいえ、この大事な一戦で指揮官が“代表デビュー”を飾らせるのかは微妙なところだ。
 
 残る選択肢は山口と遠藤だが、同じ守備タイプなら、経験のある山口を選ぶのではないか。UAE戦は勝点3を目指している一方で、逆に言えば、絶対に負けてはいけない試合でもある。柏木欠場の次善策としては、「攻」より「守」を優先させるはずだ。
 
 攻撃陣は、トップ下は香川真司で異論はないだろう。ライバルの清武弘嗣と比較すれば、能力的に大きな開きはないが、実績では大きくリード。所属するドルトムントでも好調をキープし、スタメンから外れる理由が見当たらない。

1/3ページ

最終更新:9/1(木) 19:23

SOCCER DIGEST Web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。