ここから本文です

パリSGからD・ルイスがチェルシーに2年ぶりの電撃復帰! 移籍金は3400万ポンドとも

SOCCER DIGEST Web 9/1(木) 5:00配信

チェルシーはM・アロンソとともに守備のテコ入れを敢行。

 現地時間8月31日、チェルシーが公式サイトでパリ・サンジェルマンからブラジル代表DFのダビド・ルイスと契約を結んだことを発表した。
 
 移籍の詳細は明かされていないが、イギリス国営放送『BBC』によれば、移籍金は3400万ポンド(約46億円)前後になると報じられている。
 
 現在29歳のD・ルイスは2011年にベンフィカからチェルシーに移籍金2500万ユーロ(約30億円)の5年半契約で移籍。2011-12シーズンにはチャンピオンズ・リーグ優勝を経験した。
 
 ジョゼ・モウリーニョが再就任した2013-14シーズンには、ガリー・ケイヒルとジョン・テリーのCBコンビが定着したことで出場機会が少なくなり、2014年の夏にパリSGに5000万ユーロ(約60億円)で移籍。同胞のチアゴ・シウバとともに守備を支え、リーグ連覇に貢献した。
 
 今シーズンからアントニオ・コンテ監督が就任したチェルシーは、テリーとケイヒル以外に主力級のタレントがおらず、層の薄いCBのテコ入れを今夏の補強ポイントとしていたが、移籍マーケットの最終日にスペイン人DFのマルコス・アロンソ(←フィオレンティーナ)とともに実力者の獲得に成功した形となった。
 

最終更新:9/1(木) 7:44

SOCCER DIGEST Web

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。