ここから本文です

バロテッリの新天地が決定! 行き場を失った悪童を引き取ったのは?

SOCCER DIGEST Web 9/1(木) 5:56配信

昨シーズンはベン・アルファが復活した舞台。

 イタリア代表FWのマリオ・バロテッリの新天地が、移籍市場最終日の8月31日についに決定。サッカー界屈指の悪童を引き取ったのは、フランスのニースだった。
 
 今夏にミランからリバプールにレンタルバックするも、ユルゲン・クロップ監督の構想外となってセカンドチーム行きを命じられたバロテッリは、アヤックス、ベジクタシュ、サッスオーロ、キエーボ、クロトーネ、サンプドリア、ペスカーラなどへの移籍が取沙汰されるも、いずれも交渉は進展せず。行き場を失い、いわば宙に浮いた状態にあった。
 
 とはいえ、ここ数日は生まれ故郷のクラブであるパレルモ、ナポリ、そしてニースへの移籍話が浮上。結局は南フランスのクラブと契約を結んだ。
 
 なお、移籍金や契約年数などはニースもリバプールも発表していないが、「リバプールが契約解除に応じ、移籍金はかなっていない」と報じる現地メディアも多い。
 
 ニースのジャン=ピエール・リベール会長は、公式サイトで以下のような声明を出している。
 
「我々はマリオが来てくれて非常に喜んでいる。ニースは家族的な雰囲気のあるチームで、温かいサポーターもいる。彼の才能を存分に発揮できるだろう」
 
 過去に所属したインテル、マンチェスター・C、ミラン、リバプールでは、目を疑うようなスーパーゴールを決めたかと思えば、無気力プレーや退場処分、そしてピッチ外のトラブルで評価を落とし、いつも放逐されてきたバロテッリ。誰もがワールドクラスと太鼓判を押す類稀な身体能力とサッカーセンスをコンスタントに発揮できず、選手として全面開花できぬまま、気が付けば今年8月に26歳を迎えた。
 
 新天地ニースは、昨シーズンに同じく恵まれた才能を持ちながら、ピッチ内外で問題を抱えていたアテム・ベン・アルファ(今夏にパリSGへ移籍)が復活を果たした舞台。スーパーマリオは同様に人間としても選手としても一皮むけられるのか。注目が集まる。
 

2016年夏のメルカートで新天地を求めた主な選手たちを移籍写真で紹介!

最終更新:9/1(木) 7:43

SOCCER DIGEST Web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。